【ついに】タコベル道頓堀店へ行ってきた【ようこそ!】


関西初上陸!9月19日オープンのタコベル道頓堀店へ行ってきました(^^)

場所は、戎橋筋商店街のいちばん北側!TSUTAYA EBISUBASHIのお向かいにあるビルの2階です。

 

 

もちろん関西初上陸なので「そもそも、タコベルってどういう店なん?」と思われる方もいてはるはず。

メキシコ料理やテックスメックス料理(メキシコ料理の影響を受けたアメリカ南部・テキサス周辺の料理)を代表するタコスを中心に、ケサディーヤやナチョスなどメキシコ料理のファーストフードが味わえるお店です。

タコベル公式のホームページをチェックしてみると、創業は1962年(結構古いお店なのですね!)

カリフォルニアにタコベル第1号店を出店してから、今では全世界6000店舗もあるそうです。ひえ~すごい!

日本には2015年に上陸。
東京都内に4店舗あり、それ以外には今回オープンした道頓堀店のみ!

戎橋筋商店街には、先日ご紹介した国内2店舗のみ!クレアーズ旗艦店など、国内でも珍しいお店がそろっています♪

さて、お給料も入ったことなので、タコベルまでランチを買いに行ってきました。
1階にはファミリーマートがあり、その横の階段を上がった2階がタコベルです。

※エレベーターでは2階に上がれませんので、注意です!

 

 

お店に入ると「こんにちは!ようこそ!」とスタッフが元気よく声掛けをしてくれます。

そういえば、スターバックスコーヒーでも「いらっしゃいませ」ではなく「こんにちは」だったような……。

 

店内は平日ということもあってか、さほど並んでいませんでした。ラッキー!

座席数はざっと見た感じ4~50席ほどでした。

 

 

壁紙のデザインがなんともアメリカンな雰囲気。

お値段はセットでだいたい1000円前後でした。

今回は、2タコスセット(タコス2種+ポテト+ドリンク)を注文しました。

 

タコスは中のお肉の種類や生地の固さ、ソースの辛さが選べましたよ♪

今回はポークとビーフを1種類ずつ、生地は柔らかいのとパリパリ固めなのを選択。

ソースは冒険するのが怖かったので、ミディアムな辛さにしておきました(笑)

 

面白かったのは、ドリンクがセルフだったこと!

注文がすんでからスタッフからカップをもらって、レジ横のドリンクバーでいれます。

 

このシステムだとカップギリギリに注いでもOK!?とも思ったのですが、テイクアウトの場合は持って帰るのが大変なので、八分目くらいがおすすめです。

 

それでは、実食!

 

 

柔らかい生地の方には、ポークが入っていました。

レタスとチーズとお肉のみのシンプル構成!

ソースもそんなに(この時は)辛くなく、タコスも大きいというわけではないので、ぺろりといただきました。

 

 

お次はパリパリ生地にビーフとレタスとチーズ!

少し辛いくらいがメキシコ感が出ていいのかもしれないですね。メキシコ行ったことないんですが。

ポテトは、フライドポテトかチップスか選べました!

今回はポテトをいただきます♪

見た目の色は辛そうですが、全然辛くない!

ただ、何味かと言われると、バーベキューソースのような違うような……

美味しいことには変わりなかったです!(笑)

パーティパックも販売しているそうですので、自宅でのおもてなしなどにも喜ばれるかもしれませんね(*‘∀‘)

 

戎橋筋商店街を通った際には、要チェックです~~!

 

 

(事務局スタッフ:キャサリン・ミツエダ)