戎橋筋商店街のすぐ北側、道頓堀川にて「探偵はBARにいる3」プレミアイベントが行われました!

「探偵はBAR」にいるシリーズは、札幌在住のミステリー作家・東直己の代表作「ススキノ探偵」シリーズを、探偵・大泉洋さん(44)、相棒・松田龍平さん(34)の共演で映画化したサスペンス作品。

2011年に第一作「探偵はBARにいる」が公開され、日本アカデミー賞など数々の映画賞を受賞。

続く2013年公開の「探偵はBARにいる2」も大ヒットを記録し、大勢のファンが次回作を待ち望んでいました。

そしてついに!4年振りとなる続編「探偵はBARにいる3」が2017年12月1日(金)の「映画の日」に公開!

公開に先駆け、11/9(木)に「探偵はBARにいる3」公開記念プレミアイベントが、大阪・道頓堀で行われました。

道頓堀川の両岸と戎橋の上を、約5000人のファンが埋め尽くす中、主演の大泉洋さん、相棒役の松田龍平さん、本作でミステリアスなヒロインを演じた北川景子さん(31)が船に乗って登場。

集まったファンからは大きな歓声と拍手があがりました。

大泉さんは、船上から360度くるりと会場を見わたすと「こんなに大阪の皆さんが北海道の私を見に来てくださるなんて!」と大興奮。

戎橋に集まったファンにも手を向け「戎橋にいらっしゃるのは野次馬の皆さんだと聞いております」と会場を沸かせました。

「すごい光景ですね。想像を絶しています」と驚く松田さんと大泉さんは、「今日僕たち緊張していて、思わず服装が被ってしまったんですけども…」と、黒スーツにとっくり姿。

「あんた、さっき被っているから着替えるって言ってたじゃないか!なんでまだとっくりなの!?」と大泉さんが松田さんに詰めより、観客の笑いを誘いました。

 

新たなヒロインを演じた北川さんは、撮影を振り返り「お二人を困らせるのは、とても楽しかったです」とにっこり笑顔で、今作のヒロインらしい余裕の表情を見せました。

トーク中も両岸に手を振り、ファンを喜ばせました。

「私はこの映画を3で終わらせる気はございません。4の舞台を道頓堀にすると決めました。『探偵はBARにいる4 浪速の珍道中』にすると、僕は!思っていますが、プロデューサーがどう言うかは、わかりません(笑)」

リップサービスとわかっていながら、大泉さん節に会場は大喜び。

最後は選挙演説風に「映画は探偵はBARにいる3!主演は大泉洋!女優は北川景子!松田龍平もそこそこお願いします。大阪の皆さん、最後のお願いにやってまいりました!よろしくお願いします!」と、終始笑いに包まれていました。

「探偵はBARにいる3」は12月1日(金)公開です!

 

(事務局スタッフ キャサリン・ミツエダ)