難波には、くいだおれの街・大阪にふさわしく様々な国籍の料理店が軒を連ねます。
大阪文化を代表する出汁をつかった和食や、B級グルメを代表するたこ焼き、お好み焼きなどのこなもん料理ももちろん美味しいですが、今回は地元大阪の人におすすめしたい本格タイ料理店「クンテープ道頓堀店」をご紹介します。

タイ料理といえば、香草や魚醤、唐辛子をつかった少しクセのある料理というイメージをお持ちの方もいるかと思いますが、本格的なタイ料理ながらメニューの半分は辛くない料理がそろうなど、日本人になじみやすいように工夫をされています。

百貨店の催事やメディアでも紹介されるクンテープ道頓堀店の、お得なランチバイキングやレディースデーなど、おでかけ前にチェックしてください。

タイ王国政府認定(タイ・セレクト)のレストラン

クンテープは1992年創業。
もともとはタイスキ鍋の専門店でしたが、タイの一品料理なども展開していきタイ料理レストランとなったそうです。道頓堀店は20年ほど前にオープン。本格的なタイ料理専門店として愛されてきました。

クンテープは、タイ王国政府認定(タイ・セレクト)のレストランで、このタイ・セレクト制度ができた2006年の最初の認定店舗でもあります。

タイ・セレクトとは?
タイ国商務省の厳しい審査に合格したタイ料理レストランに与えられる基準認定証。日本全国で100店舗ほどあります。条件・審査基準
タイ香り米をはじめ、タイの調味料を用い、本場のタイの味付けを再現した質の高い料理を提供していること。
タイらしい雰囲気及びサービスで観客をもてなしていること。
シェフはタイ料理のシェフとして訓練を受け、経験を積んでいること。
メニューの60%以上はタイ料理であること。

難波にいながら本格的なタイ料理が楽しめるとあって、メニューも豊富です。
次にそんなタイ料理が存分に味わえる、お得なランチバイキングを紹介します。

お得なランチバイキング

約15種類の本格タイ料理が楽しめるランチバイキングです。

時間/90分制
11:30~15:00 (オーダーストップ14:30)

料金
平日バイキングのみ 1,350円
バイキングと1ソフトドリンク 1,500円

土日祝バイキング 1,490円
バイキングと1ソフトドリンク 1,640円

盛り付け写真メニュー
右上 パッタイ(タイ風焼きそば)
真ん中(上) タイ風トマトバーニャカウダ
左上 ヤムウンセン
右下 イカのハーブ炒め
真ん中(下) タイ風たまご焼き
左下 フライドチキンサラダ

椀物
タイ風うどん(タイ米を使用した麺に、鶏ガラベースのだし)
トムヤムクン

トムヤムクンは鶏、エビの頭からとった特製のスープに、レモングラスなどハーブを入っていて、旨みと爽やかさが感じられて、とっても美味しかったです。
筆者は取材の2か月前にタイに行っていますが、現地で食べたトムヤムクンよりも酸っぱくなくて、タイ料理をはじめて食べる方も一度食べたらやみつきになるのではないでしょうか。

ランチバイキングのポイント

ランチバイキングでは、タイ風の焼きそば「パッタイ」やグリーンカレー、トムヤムクンなど代表的なタイ料理が楽しめますが、知っているとさらに楽しめるポイントをご紹介します。

タイの最高級米のジャスミン米が食べ放題!

日本米とタイ米が違うことは皆さんなんとなくご存知かもしれません。
日本のお米と異なり、タイ米は形が細長い「長粒種」と呼ばれるお米です。

しかし日本と同じようにお米のランクというものがあり、ジャスミン米はそのなかでも最高級品です。
日本でいうところのコシヒカリでしょうか。
タイでは7割が輸出用、3割はタイの富裕層や王族が食べている高級なお米です。

クンテープ道頓堀店では、そんなジャスミン米がなんと食べ放題!
実際に炊飯器のふたを開けると、やさしい甘い香りがして、食欲がそそられます。

ちなみになぜジャスミン米という名前かというと、モミが白くてジャスミンのようなので「ジャスミン米」と呼ばれていること、炊きあがった際の香りが甘くよい匂いという理由で「ジャスミン米」というそうです。

土日祝限定、「タイカレーフェア」などイベントを開催

土日祝は「タイカレーフェア」や「タイご飯フェア」「タイスープフェア」など、人気のカレーやご飯ものなど食べ比べができるイベントを開催されています。

公式ホームページからチェックできますので、興味のあるイベントを狙って行ってみるのも楽しいですね。
クンテープ道頓堀店 公式ホームページ

レモングラスティーもしくはタピオカティーが飲み放題

クンテープ道頓堀店の配慮はドリンクにも感じることができます。
ほんのり甘味を感じるレモングラスティーもしくは、いま流行りのタピオカティーが飲み放題(※ランチはどちらか1種類)

訪れた日はレモングラスティーでした。
スパイシーな料理を食べた後も、ドリンクで口内をリフレッシュできて、より美味しくランチが楽しめます。

お得なレディースデー

エスニック料理が好きな女性に朗報なのが、毎週火曜のディナーと毎週木曜に開催されるお得なレディースデーのサービス。

毎週火曜日は、女性のみのグループ(2名以上)20%オフ。
※ランチバイキング除く。コースメニューは10%オフ。上限金額5000円。

毎週木曜日ランチタイムでは、女性限定1ドリンクサービスがついてきます。

サービスドリンク内容
マンゴージュース
ライチ
ウーロン茶

※どちらも祝日は除く。
※クレジットカード、他サービス券との併用は不可。

オーナーおすすめメニュー

ソムタム(青パパイヤのサラダ)

タイの大人気メニュー。中辛程度の辛さではありますが、腸内に溜まった脂肪分を取り除き、きれいにする整腸効果もあるのだとか。
ビタミンやミネラルも豊富で、特にダイエットや美容を気にしている方におすすめです。

ソフトシェルクラブのカレー炒め

タイ料理の定番メニュー。
ソフトシェルとは、脱皮直後のカニのことで、なんとこちらの料理はカニの殻ごと食べることができる一品。
カニの殻をむいた時の手の汚れなど気にするストレスもなく、美味しくいただけるおすすめメニューです。

店内の雰囲気

お店は地下1階にありますが、店内は60席と広々とした雰囲気。
道頓堀川に面したテラス席もあり、にぎやかな難波の景観を眺めながら食事など楽しむことができます。

店舗詳細

店名/クンテープ道頓堀店
住所/大阪市中央区道頓堀1-6-14 平松扇屋ビルB1
電話番号/06-4708-0088
営業時間
【月~金】
ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
【土日祝】
ランチ  11:30~16:00(L.O.15:00)
ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)

定休日/なし
総席数/60席
クレジットカード
VISA、MasterCard、UC、アメリカンエキスプレス
JCB、NICOS、セゾンMUFG

クンテープ道頓堀店 公式ホームページ
(ネット予約はこちらから)

アクセス

大阪メトロ御堂筋線 なんば駅14番出口 徒歩3分
南海難波駅 14番出口 徒歩3分
阪神なんば線 大阪難波駅 徒歩8分

グリコの看板で有名な戎橋(えびすばし)の程近く道頓堀商店会を東へ進んでいきます。
左手に見えるかに道楽の前を通りすぎます。
クンテープ道頓堀店も、かに道楽と同じ並びにあるので、左手側を注目しておいてください。

数十メートル歩くと、がんこのお向かいにたくさん看板が出ているビルがあります。

クンテープ道頓堀店の看板を発見しました。
お店は地下にあるので、階段で地下へおります。

階段を下りるとお店の入口に到着します。

クンテープ直営タイ食材専門店「タイマーケット」

黒門市場にクンテープ直営のタイ食材専門店があります。
フレッシュハーブなどが毎日入荷し、クンテープ道頓堀店の料理に使用されているのもこちらで仕入れているハーブなのだとか。

自宅でタイ料理をつくりたい!という方は、要チェックですよ。

店名/タイマーケット
住所/大阪市中央区日本橋1-22-14
電話番号/06-6648-0002

まとめ

この数年パクチーブームなどによりアジア料理のお店が増えてきましたが、タイ政府認定のタイ料理専門店はなかなかないと思います。
リーズナブルな価格で楽しめるランチバイキングは、一度食べると病みつきになること間違いなし。
お得なレディースデーやイベントを活用して、お気に入りの一皿を見つけてみてはいかがでしょうか。