関西人なら、「あるとき〜」「ないとき〜」でお馴染み、豚まんといえば551蓬莱。

https://www.youtube.com/channel/UCrdMDN-chuQX5j544vojagA

大阪市内はもとより、神戸や和歌山にも支店を構えるこちらの総本山がなんばにあります。
地元の人はもちろん、観光で訪れた他府県の方も食べたことがあると思いますが、実は本店だけでしか味わえないメニューもあるんですよ。
そこで551本店にお邪魔し、限定メニューやおいしさの秘密を聞いてきました。

そもそも551蓬莱とは?

戎橋筋商店街内にある551蓬莱本店

豚まんでお馴染みの551蓬莱は、1945年創業。
なぜ551なのかというと、「蓬莱」の漢字が難しいので、たくさんの人たちにわかってもらいやすいように万国共通の数字がイイ。屋号を決める当日、電話番号の上に“ここがいちばん”と書いていたことから、“ここがいちばんを目指そう”という思いを込めて、当時の電話番号の末尾である551を引用されたそうです。

豚まんは、基本は出来立ての温かい商品を販売(持ち運びにも便利なチルド(冷蔵)商品はあります)、各店舗で毎日手包み。

その数1日平均約17万個!
この豚まんを筆頭に、シューマイや甘酢団子、夏には欠かせないアイスキャンデーも販売しています。
テイクアウトで有名になっていますが、実は広東料理をベースにした中華料理店が始まりで、現在もなんばを中心に展開しているということはあまり知られていません。

店舗展開は関西が主体。その理由は、その日用いる素材のみを大阪市浪速区にあるセントラルキッチンから1日約4便で配送しているためだそう。

こだわりの生地

豚まんの生地は発酵するものなので、美味しい豚まんを常に作れるようにするには、各店に1日約4便、大阪市浪速区にあるセントラルキッチンから各店に材料を配送する必要があり、そうするにはセントラルキッチンから150分圏内でないとできないため、関西以外には常設店を出店できないというこだわりがあります。

近畿圏以外では、催事ならできたてを食べることができますよ。
催事情報はこちら。

これは小ネタですが、551蓬莱は知られざるレコードホルダー。
1分間に615グラムの玉ネギを早切りしたというギネス記録も持っています。
この事実、CMを口ずさめる関西人でも知っている人はほとんどいません。

そんな551蓬莱は、戎橋筋商店街にある本店をはじめ、近畿圏で50件以上。
関西の百貨店や駅中などにも店舗はあるので、お出かけの際にも気軽に購入できますよ。

気になる豚まんの中身

さて、そんな551蓬莱を有名にしたのが豚まん。
全国的には肉まんと呼称しますが、近畿圏だけは豚まんと呼称するのが多いですね。
その理由は関西では肉と言えば牛肉をさすことが多いことから、肉まんと言うてしまうと牛肉と思われるということで豚まんと呼んでいるそうです。
551蓬莱が豚まんという商品名で販売し、それが広まったからというのが理由のひとつだとも言われています。
スゴイ! 551蓬莱。

さてこの豚まん、中身は豚100%。他社の肉まんの中身は合い挽き、時には鶏肉も入っているそうで、さすがネーミング通りという感じ。

551蓬莱の豚まんは、しゃきしゃきっとした食感とほんのりとした甘さを引き立たせるため豚肉に玉ねぎを加えますが、餡の中身はこれだけ。
しかも味付けは塩、砂糖、醤油と超シンプル。なのに時々ミョーに食べたくなるから不思議です。

この秘密、実は皮にあるんです。
生地を2度発酵させた少し甘みを感じる皮は、砂糖が入っていることで、イーストや酵母などの働きをよくしてふっくらさせる効果があります。
その甘みは餡のうま味を引き立たせる効果もあり、まさに一石二鳥なのです。

「この皮があるからこそ、餡のうまみが引き立つんだ!」と広報担当さんだけでなく、本店店長も力強く話してくれました。

あと、蒸したてが一番おいしいと思いきや、実は粗熱がとれて少し冷めかけが一番おいしいとも話してくれています。
蒸したては餡と皮の繊細な味が感じにくいため、冷め始めた頃がしっかり味わえるんだそうです。
アツアツを食べたい! ですが、少し待つのがイイんですね。

551蓬莱本店の限定メニュー

豚まんや甘酢だんごなども、もちろん食べてほしい定番グルメですが、せっかく本店に来たらここでしか買えない限定メニューがイイですよね。
ぜひ食べてほしい本店限定グルメをご紹介します。

叉焼(チャーシュー)まん

2個入り 400円

テレビでも取り上げられたことのある、知る人ぞ知る一品。
大きな角切り叉焼と特製タレがたまらなく美味しいです。

こちらは11時から販売ですので、購入時間に注意です。
また、数量限定品なので、どうしても食べたい方は販売開始時間を狙っていきましょう。

あんまん

2個入り 320円

ふわふわとした生地のなかには、ふっくらとした小豆と黒ゴマの中華あんがぎっしりとつまっていて、食べ応え抜群!
こちらも数量限定商品ですので、早目に行くのがベストです。

中華ポテト

店頭横で販売している中華ポテトも本店限定商品。

タイミングよく行けば、大きな中華なべでポテトをふっている様子もみれますよ。
つやつやとコーティングされたポテトは、やさしい甘みでやみつきになる美味しさです。

実はランチもお得なんです

551蓬莱といえば、豚まんというイメージが強いですが、実は戎橋筋商店街内にある本店と、福島店、さらに四ツ橋なんば駅にほど近い蓬莱パンチャンの3店舗のみレストランがあります。

店内の様子

こちらの本店では、ココでしか食べられない季節限定メニューもスタンバイ。

4月までは担々麺にレモン風味の平打ち麺、さらには桜えびを用いたチャーハンが登場します。

1番人気は海鮮やきそばで、豚まんとセットにしたものになります。

広東料理をベースにしているので、メニューはすべて本格派。
このほかにも油淋鶏や麻婆豆腐、牛バラ煮込みといったメニューもあり、その種類も豊富です。

子どもにもグループにもやさしい店内

そんな551蓬莱は子どもにも、大人にもやさしいのです。
店内は2Fと3Fの2フロア構成で、2F席は背もたれ付きのテーブル席が中心。
6〜8人対応の大テーブルもしっかりあります。

3Fはテーブル席と3つの円卓。
フロア全体にゆとりがあり、ベビーカーがあっても安心して来店できます。
もちろんベビーチェアも用意しており、キッズメニューも大人が食べたくなる名物メニューのオンパレード。

お子さまだと、注文がくるまでにぐずってしまうこともありますよね。
そんな時のために間違い探しもあります。

これがまた某ファミリーレストランの問題が難しいと話題になりましたが、それ以上に難しい! 広報担当者も最後のひとつが見つかりませんというほどで、店長も「全問正解者にはなにかプレゼントをあげてもいいんじゃないかと思うほどです」と語るレベル。

さぁ、この問題を解きに行くだけでも価値があります。

店舗情報

店舗名/551蓬莱 本店
住所/大阪市中央区難波3-6-3
電話番号/06-6641-0551
営業時間/10:00〜21:00(レストランは11:00〜22:00)
定休日/第3火曜
アクセス/なんばウォーク二番街B15出入口から南へすぐ、御堂筋・なんば駅11 or 20 19番出入口から東へ2分、堺筋線&千日前線・日本橋駅4番出入口から西へ8分
通販はこちら
551蓬莱公式サイト

まとめ

関西在住の人には馴染みのある551蓬莱。
とはいえ豚まんの味と情報だけが先行して、実はレストランがあることを知らない人も多いのです。
そして冷凍のものは販売していないという事実も。
知られざる551蓬莱の秘密は下記でも紹介していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

関連記事:551蓬莱スタッフがこっそり教える、豚まんのおいしい食べ方をご紹介!