新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、生活スタイルや働き方など、私たちの生活はがらりと変わりました。
そんななか、特に外出自粛によって影響を受けている飲食店や、食材を供給する農林漁業者(農作物の栽培・収穫・家畜関連の仕事)を支援するため、国の事業として9月より「Go To Eatキャンペーン」がスタートしました。

この記事では、Go To Eatキャンペーンの解説から、実施期間や申込の仕方、大阪・なんばで使えるお得なキャンペーンについてまで、わかりやすく紹介しています。
Go To Eatキャンペーンを詳しく知りたかった方や、大阪・なんばでグルメを楽しみたい方まで参考になりますので、ぜひ最後までご覧ください。

Go To Eat キャンペーンとは?

Go To Eat キャンペーンとは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大にともなう外出自粛などにより、非常に大きな影響を受けている飲食店や食材を供給する農林漁業者を支援するためのキャンペーンで、期間中にオンラインで飲食店の予約をした人に飲食店で使える「ポイントの付与」や「プレミアム食事券」を発行することで、飲食業全体を再び活性化させることを目的としています。

キャンペーン参加登録のお店は感染症対策に取り組むことを条件とし、対象のお店を利用したお客さまにも「新しい生活模式」を守った利用方法の呼びかけを徹底しています。

Go To Eatキャンペーンは、主に2つのサービスに分かれています。
①地域内の登録店舗で使える25%のプレミアムを付けた食事券を発行
②オンライン予約サイトで予約・来店した方対象の、次回以降に使える1人最大1,000円分のポイント付与

Go To Eatキャンペーンは全国で行われており、プレミアム食事券は都道府県ごとに発行されます。
都道府県ごとに販売場所や販売方法が異なっており、大阪では「Go To Eat OSAKAキャンペーン」という名称で、25%のプレミアムがつく食事券を発売しています。

次に、2つのサービスの解説を詳しくしていきます。

①地域の飲食店で使える「Go To Eat OSAKAキャンペーン プレミアム食事券」

「プレミアム食事券」は、各地域の登録されている飲食店で、代金の代わりに利用することができる食事券です。
購入金額の25%が上乗せされる仕組みで、例えば10,000円分の商品券を購入すると12,500円分の食事券として使用することができます。
プレミアム食事券の販売期間は2021年1月末まで、利用期間は2021年3月末までを予定しており、約半年間お得に使えるキャンペーンです。

Go To Eat OSAKAキャンペーン公式サイト

プレミアム食事券は、登録飲食店内での飲食のほか「宅配」「テイクアウト」も対象ですが、ピザ配達や持ち帰り専門店などの「デリバリー専門店」「テイクアウト専門店」は対象外です。
また、食事券は現金やキャッシュカードと併用の支払いも可能ですが、食事券のみの支払いの場合おつりは出ませんので、お気を付けください。

販売価格/1セットにつき12,500円を10,000円で販売
※内訳:500円券×7枚、1,000円券×9枚 計16枚

販売限度/1人1回あたり20,000円(2セット25,000円分)まで

購入期間/
第1期販売 ※好評につき完売
受付:10月7日(水)12:00~10月11日(日)23:59
引換:10月14日(水)9:00~10月23日(金)23:59
第2期販売
受付:10月15日(木)12:00~10月22日(木)23:59
引換:10月17日(土)9:00~11月2日(月)23:59
第3期販売
受付:10月27日(火)12:00~11月15日(日)23:59
引換:10月29日(木)9:00~11月26日(木)23:59
第4期販売
受付:11月16日(月)12:00~12月13日(日)23:59
引換:11月18日(水)9:00~12月24日(木)23:59
第5期販売
受付:12月14日(月)12:00~1月31日(日)23:59
引換:12月16日(水)9:00~2月11日(木)23:59
※チケット受付・引換ともにキャンペーン期間内で5回に分けられていますので、ご注意ください。

利用期間/2020年10月14日(水)~2021年3月31日(水)
発行総額/250億円
発行数/200万冊

プレミアム食事券「Go To Eat OSAKAキャンペーン」購入方法

①専用WEBサイトにて申し込みをします。
申し込みスタートは2020年10月7日(水)12:00からスタートです。
申込専用サイト

②メールにて引換票番号を発行します。
食事券は2020年10月14日(水)9:00から引換可能です。

③ファミリーマート店頭のファミポートにて引換券を発行します。

④レジにて決済し、その場で食事券を受け取りした時点で利用可能です。

オンライン飲食予約でポイント付加 (最大10,000ポイント)

一休レストランやぐるなび・食べログといったオンライン予約サイト経由で飲食店を予約・来店するともらえる「ポイント」の付与サービスです。

対象のオンライン予約サイトからお店を予約し、当日来店が確認できたら後日ポイントが付与されるという内容です。
付与されたポイントは次回以降の予約サイト利用時に使用できる仕組みになっています。
ポイントは予約したタイミングではなく来店が確認できた後のタイミングで付与されるため、初回予約時には使用できませんのでご注意ください。

ランチタイムの予約で500ポイント/人、ディナータイム(15:00以降)の予約で1,000ポイント/人が付与されます。
予約した人数に応じて予約者に付与され、最大で10,000ポイント(10人まで)が上限に設定されています。
ポイント付与の期限は2021年1月末まで、付与されたポイントの使用期限は2021年3月末までとなっています。

※2020年10月8日現在 
農林水産省の会見を行い、ポイント付与の相当額より店舗での利用金額が少ない場合には、キャンペーンの対象外とする方針を明らかにしました。
農林水産省公式ホームページ

対象のオンライン予約サイト事業者(13社)

Go To Eatキャンペーンとは別に、各予約サイト独自のキャンペーンを実施しているところもあり、よりお得にグルメを楽しむことができます。

一休レストラン
Yahoo!ロコ
ぐるなび
ホットペッパーグルメ
食べログ
Retty
Ozmall
LUXA
ヒトサラ
EPARKグルメ
favy・トレタ
大阪グルメ
シェフル

大阪市少人数利用・飲食店応援キャンペーンと併用可

大阪府では、新型コロナウイルス感染症の感染リスクを避ける新しい生活様式に基づき、少人数での飲食店利用を推進する「大阪市少人数利用・飲食店キャンペーン」を大阪独自で実施しています。
対象となるオンライン飲食予約サイトで、4人以下の総額5,000円(税別)以上のネット予約をすると、1組につき2,000円分のポイントを付与されるキャンペーンで、こちらはGoToEatキャンペーンとの併用が可能です。

特にミナミエリアはお得に楽しめる

8月6日~20日に大阪府が休業要請や営業時間の短縮要請をした、長堀通、千日前通、御堂筋(みどうすじ)、堺筋に囲まれたミナミエリアの場合、上記にさらに2,000円分のポイントを付与されます(10月31日まで)。
Go To Eatキャンペーンと合わせると、さらに1,000ポイントが加算され、各予約サイトの独自発行ポイントも加えると、獲得ポイントが支払総額を上回るケースもあり得ます。

キャンペーンの詳細はこちらの記事でご紹介していますので、ご確認ください。
ミナミエリアは特にお得!大阪市少人数利用・飲食店応援キャンペーン紹介

感染症対策にご協力ください

Go To Eatキャンペーンを利用の方は、「体調が悪い場合には来店しない」「大人数での会食や飲み会を避ける」「食事前の手洗い消毒をする」「食事の時以外はマスク着用を心掛ける」といった感染症対策にご協力お願いします。

まとめ

今回は、Go To Eat キャンペーンを詳しく紹介しました。
プレミアムお食事券や、オンライン飲食予約サイトでのポイント付与といった今までにないお得なサービスです。
各飲食店が提示する感染症対策を徹底しながら、誰でも簡単に申込・受取ができますので、利用してお得に大阪なんばのグルメをぜひ楽しんでくださいね。

プレミアムお食事券が使えるお店については、こちらの公式サイトでご確認いただけます。

あわせて読みたい
GOTOトラベル・戎橋筋商店街の地域共通クーポン取扱店まとめ
マイナポイントでお買い物も!戎橋筋商店街で利用できるキャッシュレス決済をまとめてご紹介