2019年6月7日(金) 大阪市中央区難波3丁目の旧大阪市立精華小学校跡地に、エディオンなんば本店がオープンしました。

周囲には、南海難波駅、髙島屋大阪店、なんばマルイ、戎橋筋商店街と、なんばの一等地に建つエディオンなんば本店は、グループ全体で約1200店舗を展開するエディオンのなかでも最大規模を誇り、なんばの新名所になること間違いなし。
さらに「家電だけじゃない、よくばり家電量販店」というキャッチコピーの通り、人気のラーメン店が集結する「ラーメン一座」などもあり、1日中楽しめるお店になっています。

この記事では、エディオンなんば本店の営業時間、フロアマップといった基本情報から、復元された旧精華小学校の壁面についてなどマニアックな情報もご紹介しますので、チェックしてからぜひなんばの新名所へおでかけください。
お急ぎの方は見出しからリンク飛べますので、ご活用くださいね。

エディオンなんば本店について

これまでエディオンの創業地として、同社の最大規模の売り場面積だったエディオン広島本店を上回る、最大規模のエディオンとしてオープン。
フロア構成は1F~9Fまであり、あとでご紹介しますが単なる家電量販店ではなく、フロアごとに特徴がありe-スポーツやビューティー、さらにはラーメンなど1日体験して遊んで楽しいつくりになっています。

開放的な外観と広場

エントランスは開放的な広場になっています。

エディオンなんば本店は商業施設や商店街に面していることもあり、人の流れを繋ぐような役割を果たしたいという思いから、植樹や壁面緑化などにも取り組んでいます。

復元された旧精華小学校の外観

エディオンなんば本店の外壁の一部は1995年に惜しまれつつも閉校した大阪市立精華小学校の壁面が復元されています。

大阪市立精華小学校とは
1873年に開校。1929年竣工のモダニズム建築の校舎は、難波の中心にたたずむ名建築として高い評価を受けていましたが、1995年に閉校。
その後2004年秋より精華小学校の体育館の1階部分を改修し、約200席の劇場としてオープン。演劇祭の開催や地元商店街のイベントなどの場としても利用されてきましたが、大阪市の財政難により2011年3月末で閉館。更地化され、土地を売却することになりました。

エディオンなんば本店の建物は、街との関わりを大事にデザインされています。
特に精華小学校は地元の人々の寄付で明治9年に建設された小学校で、お花見や夏祭りなど人々に愛されてきた歴史を残したいという想いから、精華通りに面した外壁の一部が復元されています。
建築当時の図面は残っていませんので、図書館等に残っている資料や写真をもとに造られているとのこと。そのため実際の校舎とは少し異なるそうですが、小学校で使用されていた照明や記念碑など、当時の面影を見ることができます。

精華小学校メモリアルホールもあり、当時の写真やエピソードが展示されています。

フロアガイド

1Fコミュニケーションパーク 携帯電話、スマートフォン、モバイルアクセサリー他
2Fデジタルパーク パソコン、Apple、e-スポーツ(ゲーミング)、ドローン他
3Fビジュアル・ミュージックパーク テレビ、ブルーレイ、オーディオ、ピュアオーディオ、ヘッドホン他
4Fビューティー&ヘルスパーク 理美容家電、化粧品、健康器具、パウダールーム他
5Fライフパーク 冷蔵庫、洗濯機、クリーナー、調理家電、コーヒー焙煎他
6Fホームバラエティパーク エアコン、照明、リフォーム、アウトドア、お酒、駄菓子
7Fキッズパーク おもちゃ、キャラクター、プラモデル、フィギュア、ゲーム他
8Fトレジャーパーク 時計・貴金属、海外仕様家電、薬、化粧品、忍者屋敷他
9Fラーメンパーク なんばラーメン一座、ラーメン、グッズ販売

1Fコミュニケーションパーク

メイン入口を入ってすぐ日本最大級のLG大型有機ELディスプレイウォールがお出迎え。

このフロアには、携帯やアクセサリー、スマートウォッチ、イベントスクエアがあります。

見どころは、宝島社とのコラボブース。人気雑誌「SWEET」「SMART」などとコラボレーションした可愛いおしゃれなスマートフォンケースなどが並びます。

またエディオンなんば本店限定のサービス「MYスマ」も見逃せません。

自分だけのスマホアクセサリーがその場で作れるというシステムで、モバイルバッテリーや手帳型スマートフォンケースなど、作りたいスマホアクセサリーを選び、お手持ちの写真または300種類以上のテンプレートからデザインを選びます。あとはプリントするだけで完成!
世界にひとつだけのスマホアクセサリーが作れます。

※著名人やキャラクターやイラストなど著作物が写っている写真や画像は、被写体、著作者の許諾がないと使用することができませんので、ご注意くださいね。

2Fデジタルパーク

このフロアには、情報機器やドローン、文具、ロボット、e-スポーツブースがあります。
エスカレーターで2Fに上がると、最近高い注目を浴びているe-スポーツのブースが目に飛び込んできます。

e-スポーツとは?
e-スポーツとは「エレクトロニック・スポーツ(electronic sports)」の略称。
電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉だそうで、コンピュータゲームやビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。
中国など先進国の一部ではすでに国がスポーツ競技として認めてられており、日本ではまだまだ認知が低いですが、これから発展していく新しいスポーツです。

エディオンなんば本店のe-スポーツブースは、実際に試合会場にも使用できる設備で、ブース奥には55インチの9面マルチモニターが設置されています。

e-スポーツ選手にとって重要なマウス、キーボードなどは全て体感できるように、展示機器は実機を用意しているという徹底ぶり。

興味があるけど、何から始めればいいのかわからない方も、各フロア、ブースには専門のスタッフが丁寧に提案やサポートしてくれるので安心ですよ。

このほか、無料でドローンの飛行シミュレーションを体験・体感できるブースや、実際にドローンを飛行させるスペースもあります。

ロボットコーナーでは、近未来で活躍が期待されている家事をサポートするロボットなど、テクノロジーの最先端を体感できます。

3Fビジュアル・ミュージックパーク

映像や音響、ヘッドホンなどをお探しの方は3Fへ上がってください。

お店で取り扱っているイヤホン、ヘッドホンは全て視聴可能。なんば地域最大の取扱台数を誇るので、お探しのアイテムがきっと見つかります。

アキュフュズを筆頭に一流ブランドが展示された本格的なオーディオ機器コーナーは、フロアに設置している防音視聴ルームにて試すことが可能です。
ソファに腰かけながら、まるで自宅のリビングにいるような感覚で、お気に入りのオーディオ機器を選ぶことができます。またこちらはCD、レコード持参でその場でお試しすることもできます。

このフロアの見どころは、関西初設備の「オーディオハート 11.2chチェアスピーカー」

近未来的なシェル型の椅子に腰かけると、内側に14個搭載された高性能スピーカーがバーチャルな音をリアルに再現します。音漏れしにくいのでまるで1人だけの専用シアタールームのような、映画好きにはたまらないアイテムです。

4Fビューティー&ヘルスパーク

女性にぜひ訪れてほしいこのフロアには、理美容家電やコスメ、パウダールームやエディオンジムまでそろう、まさに美容の聖地!

化粧品メーカー資生堂のなかでも一番人気を誇るエリクシールのブースでは、専任の美容スタッフがカウンセリングを実施。メイク落とし、スキンケア、メイクまで丁寧に提案してくれます。

また奥に進むと、ルームランナーやマッサージチェアなどトレーニング家電が置いているエディオンジムもあり、ジムに置いているものは全て体験体感できるのが嬉しいですね。

女性必見の最新パウダールーム

「不思議の国のアリス」をコンセプトに作られたおしゃれな内装のパウダールームでは、最新の理美容家電を試すことができます。

さらに話題のコスメやゆったりとした広さのフィッティングルームも完備されていて、仕事帰りやショッピング、ぶらぶら街歩きの途中に立ち寄って、楽しいビューティータイムが過ごせますよ。

利用料金

1時間300円 (延長1時間ごとに300円)
※エディオンカード会員は1時間無料、それ以降は通常料金。
現金、クレジットカード、ポイント払いでの利用が可能。

営業時間 10:00~21:00 (最終受付20:00)

サービス

パウダーブース27席

フィッティングブース2ヶ所

洗面台 2ヶ所

加湿器、空気清浄機も完備しています。

理美容家電の貸出
ドライヤーやヘアアイロンはもちろんスチーマーや美顔器も貸出可能。

パウダールームで一番高価な美顔器は、なんと14万円!お化粧前にセルフエステができちゃいます。

化粧品&化粧雑貨の貸出

メイクアップ用品だけでなく、クレンジングや洗顔料といったスキンケア用品まで幅広く対応。ビューラーやコットン、ケープなどの化粧雑貨も貸出OKなので手ぶらでもばっちりメイクができます。メイクアップ用品は資生堂の人気ブランド「マキアージュ」をご用意。

このほかセルフサービスの無料ドリンク(有料ドリンクも80円で販売)やFree Wi-Fi、雑誌棚に携帯充電器も利用できる快適空間!ストッキングも販売しているので、伝線してしまった時はエディオンなんば本店が駆け込み寺になりそうです。

利用方法

1.受付・料金の支払い

フロントで事前に料金を支払います。
「受付時間」が印字されたレシートと貸出品リストが渡されます。

2.家電・化粧品を選ぶ
使用したい理美容家電1点、化粧品を6点まで選ぶことができます。
ちなみにこちらはカウンターへ返却すると、何度でも利用が可能。

3.パウダーブースを選ぶ

好きな席を自由に選べます。

4.返却
レシートを返却品と一緒にフロントまで持って行きます。
利用時間が過ぎている場合は、追加料金の精算が必要です。

パウダールームの利用は女性限定ということで、女性のお化粧直しを待つ男性のために、パウダールームの前には休憩スペースもあります。他のフロアを見て回るのも楽しいですが、ワンフロアがかなり広いので、合流するのに不安がある方はここで休憩するのもおすすめです。

5Fライフパーク

冷蔵庫や洗濯機など生活家電を販売しているフロアです。

フロア各所で実演販売を行っており「MAST」という、エディオンなんば本店社員による実演販売チームが楽しく商品のおすすめポイントを紹介してくれます。

あまりにも面白いので「芸人さんですか?」と声をかけられたこともあるそうですが、「お客様を笑顔に、楽しくショッピングしていただきたい」という思いで実演販売を行っているとのこと。しかしポイントはしっかりと教えてくれるので、商品に悩まれたときは「MAST」Tシャツを着たスタッフさんのアドバイスを参考にしてみてください。

そのほか、5Fフロアにも、体感体験できるブースがあります。

コーヒー焙煎

20~30種類の生豆を取り揃え、選んだ生豆をその人の好みに合わせて8種類の方法で焙煎。
コーヒーミルで挽いた、挽き立てのコーヒーが味わえます。

生豆も計り売りしているので、気に入ったものがあれば購入することもできますし、フロアにはコーヒーマイスターが常駐しているので、疑問があればすぐに質問することも可能です。

キッチンスタジアム
最新の調理家電を随時実演販売するブースです。

家事の時短体験や、話題の調理家電など便利で快適な生活の提案を、実演を交えながら行っています。

取材したこの日はティファールの「Cook4me Express (クックフォーミーエクスプレス)」でつくったおはぎの試食がありました。

6Fホームバラエティパーク

クーラーなどの季節商品やホームDIY、アウトドア、駄菓子、日本酒などバラエティに富んだフロアです。

エスカレーターを上がると、日本酒好きの方必見の酒専門店「日本酒店」があります。
日本酒は200以上の銘柄がそろい、ウイスキーやワインは全て国産のものを置いています。

広島県にある「酒商山田」と業務提携を結んでいて、特約店でしか販売されていない銘酒が一部をのぞいてほとんどが定価販売というのも他店にはないエディオンなんば本店ならではの強みです。

またおしゃれなフロアには、大阪八尾にあるインテリア、DIYプロデュース販売の友安製作所が入っており、海外輸入品の壁紙や床材、水で簡単に貼ることができるステンドガラスシートなど自宅で簡単にできるプチリフォームアイテムを1193種取り揃えています。

自宅でも簡単にDIYができるように、ワークショップや体験コーナーも完備。

「木材を切る本格的なDIYはハードルが高いけど、何か気軽にできるDIYはないかな?」と探している方は、ぜひこちらのワークショップをおすすめします。

6Fフロアには、本格的なリフォームブースもあり、モデルキッチンなどが並びます。

「それだけではリフォームした家のイメージができない」という方のために、VRを使ってリフォームした家のなかを歩いてみるなど、より具体的にイメージできるような体験コーナーも設置。こちらはエディオンなんば本店限定なのだとか。

アウトドア用品は、ヨーロッパ大手の「バーベクック」というベルギーのアウトドア用コンロを取り揃えています。人工芝が敷かれたアウトドアの雰囲気たっぷりな売り場には、BBQコンロ約30種、ランタン約120種類が並びます。各ブースはそれぞれ専門店並みの品揃えなので、マニアの方も満足できること間違いなしです。

7Fネバーランド・エディオンビルドベース

シルバニアファミリーやトミカ・プラレールといった子ども向けアイテムだけではなく、ガンプラやカプコンブースなど、大人も子どもも一緒になって楽しめるフロアです。

キャラクターストリート

レゴ、リカちゃん、シルバニアファミリー、トミカ・プラレールなど人気のキャラクターごとに専門ブースが並びます。1日中遊べるように、各ブースの遊具やおもちゃはすべて手に取って遊ぶことができます。

モデラーの方は必見!エディオンなんば本店7Fのガンプラコーナーのすぐ横には、モデラーのための有料の制作スペースがあります。
エディオンなんば本店で購入したプラモデルを制作してもいいですし、自宅で制作中のものを持って来て作業するのもOKです。

子どもの頃ガンダムが大好きでガンプラを作っていた方も、大人になってガンプラやプラモデルに再度はまると、塗装の匂いや作業スペースの確保など、なかなか家族の理解が得られない方が多いそうで「好きだけど家で作れない」といった方のために、制作スペースを設けられたそうです。

このエディオンビルドスペースの設計を担当された方もモデラーとのことで、モデラー目線で「こういうものがあればいいな」というポイントが詰まった、まさにモデラーによるモデラーのための制作スペースです。

SF色の強い制作スペースは、スターウォーズ、ガンダム、エイリアンの世界観を足して割ったようなデザインを意識されたということで、制作する前からテンションが上がる非日常的な造りになっています。

ちなみにこちらでは、手ぶらで来てもいいように作業に必要なツール類や作業エプロン、撮影機材の貸出もあります(有料300円)


それぞれのデスクにはライトもついているので、本格的な写真ブースとしても楽しめます。

さらに背景幕も貸出しており、プラモデルにあわせて、撮影ができるという徹底したこだわりよう。

制作途中でタイムアップになってしまっても、有料ロッカーでプラモデルを預けることができるので、週末や時間の空いたときに作業を再開することができます。

利用方法

エディオンビルドベースは要予約制です。
予約は専用webページから受け付けています。
エディオンビルドベース予約はこちら。

利用料金については、エディオンビルドベースの会員であれば1時間700円、一般の方は1時間800円です。
エディオンビルドベースの会員になる場合は入会費として1,000円必要ですが、それ以外に年会費などはかからないとのことです。

注意事項についてはこちらをご覧ください。

8Fトレジャーパーク

免税や時計貴金属、忍者パークなど、訪日客向けのフロアですが、もちろん日本人も楽しめるフロアです。
時計コーナーは百貨店と遜色ないブランドを取り揃え「PATEK PHILIPPE」「AUDEMARS PIGUET」「VACHERON CONSTANTIN」など世界三大時計ブランドをはじめ、豊富なブランドがラインナップ。

脱出ゲーム体験のほか、書道やけん玉も体験できるコーナーです。

9Fラーメンパーク「なんばラーメン一座」

「エディオンは家電量販店のはずなのに、ラーメン?」と、フロアガイドやテナント一覧を見て不思議に思った方もいるのではないでしょうか。
全国から厳選された人気の9店舗が集う「ラーメン一座」では、関西初出店のお店や他店舗で食べられないエディオンなんば本店限定メニューなども見逃せないポイント。

別邸たけ井(京都)
吉み乃製麺所(大阪)
せたが屋(東京)
ひるがお(東京)
らーめん和海(兵庫)
和dining 清乃(せいの) (和歌山)
黒豚とんこつ 金田屋(かなだや) (福岡)
dandan noodles(大阪)
吉山商店(北海道)

テナント一覧

1F EDION NAMBA TOURIST IMFOMATION CENTER
観光案内所。
近隣の施設、日帰りツアー、お得なチケットなどお役立ち情報を提供しています。

営業時間/10:00~21:00
電話番号/06-6634-9330

1F・2F STARBUCKS
コーヒーストア
アメリカ シアトル生まれのスペシャリティコーヒーストア。

営業時間/7:00~22:30
座席数/68席(全席禁煙)
電話番号/06-6537-7241

3F H.I.S
旅行会社
国内外の旅行を専門スタッフがご案内。
併設の専門店でリゾートウェディングの相談も可能です。

営業時間/11:00~19:30(最終受付18:30)
電話番号/06-6649-0277

4F Este Pro Labo NAMBA
エステティックサロン専門ブランドストア。
最先端のドクターズコスメ「AMPLEUR」など様々なブランドを取り扱っています。

営業時間/10:00~21:00
電話番号/06-6575-9486
8F EASTEND & CO.
中古ブランド時計買取&販売

常駐のバイヤーがいるのでその場で査定。
中古品の販売もしているので、そちらもぜひチェックを。

営業時間/10:00~22:00
電話番号/06-6630-9350

施設情報

名称/エディオンなんば本店
住所/大阪市中央区難波3丁目2-26
電話番号/06-6630-6733営業時間
1階~6階 10:00~21:00
7階・8階 10:00~22:00
9階    11:00~23:00
定休日/年中無休
売場面積/約15,735㎡(約4,760坪)
駐輪場/B1F 自転車280台、原付15台
利用時間 7:00~23:30
利用料金 入庫後2時間無料
(自転車は以後12時間ごとに100円、原付は以後12時間ごとに200円)
駐車台数/331台(提携駐車場)
建物概要/地下1階、地上9階

エディオンなんば公式ホームページ

アクセス

大阪メトロなんば駅 徒歩2分
近鉄・阪神 大阪難波駅 徒歩5分
南海なんば駅 徒歩4分
JR難波駅 徒歩9分

まとめ

なんばの新名所「エディオンなんば本店」をご紹介しました。
ただの家電量販店ではなく、日本ではまだ珍しいe-スポーツや、全国から激選されたラーメン店が集う「ラーメン一座」など、「体験」を通して新しい発見ができるフロア構成になっており、家族、友人、カップルもちろんおひとりでも1日中楽しめること間違いなしです。
南海なんば駅をはじめ、各線からのアクセスも抜群です。
ぜひ、なんばの新名所へ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。