なんばのにぎやかさから離れてゆっくりティータイムを楽しめる「サロン・ド・テ・アルション法善寺本店」は、フランス・パリの老舗紅茶商ジョルジュ・キャノン社の紅茶を堪能できる日本でも数少ない貴重なカフェです。

ハーブや果実など、紅茶本来の味を邪魔しない天然の香料でブレンドされたフレーバーティーと、厳選された素材を使用した生菓子やフランス伝統の焼き菓子で、ゆったりとした優雅な時間を楽しみませんか。

この記事では「サロン・ド・テ・アルション」の基本情報から、法善寺本店限定のメニューやイベントの参加方法などご紹介します。

「サロン・ド・テ・アルション」について

「サロン・ド・テ・アルション」は1986年創業、今年で33年目を迎える紅茶とフランス菓子の専門店です。
もともと洋食レストランからスタートされ、法善寺本店がある場所から南へ数十メートル離れた「クレープリーアルション」という姉妹店が建つ場所が創業地なのだそうです。

レストランでお客様に好評だったデザートメニューを特化したお店を、ということで現在の「サロン・ド・テ・アルション法善寺本店」がオープン。

また、後で紹介しますが、レストランスタートという強みを生かして「サロン・ド・テ・アルション法善寺本店」では、フレンチの要素を取り入れたランチも人気です。

このランチやサロン限定のスイーツや紅茶が楽しめるイートインスペースがお店の2階にあり、1階は焼き菓子やケーキ、紅茶を販売するブティックになっています。

次に「サロン・ド・テ・アルション法善寺本店」で取り扱っている紅茶について、ご紹介します。

ジョルジュ・キャノン社の紅茶の魅力

「サロン・ド・テ・アルション」では、ジョルジュ・キャノン社の紅茶を提供しています。

ジョルジュ・キャノン社は1898年創業のフランスの老舗紅茶商で、現在のオーナーでティーブレンダ―のオリビエ・スカラ氏で5代目というフランスでも歴史あるブランドです。

オリビエ・スカラ氏は、1985年にフランス国内で初めてフレーバーティーの製造をはじめたというパイオニア的な存在。

そんな紅茶の第一人者がこだわっているのが「香りを楽しむということ」

紅茶の茶葉本来の味を邪魔しないように、茶葉のなかに花や果実、ハーブを絶妙なバランスでブレンドし、南フランスのコートダジュールという街の近郊にある「香水の聖地」と呼ばれるグラース地方でとれる天然オイルを使用して、フレーバーティーを作っているそうです。

1番人気の「アルションブルー」

いちご、ラベンダー、ルバーブなどをブレンド。
ふんわり甘くフルーティーで芳醇な味わいは、いちごを使ったスイーツとのマリアージュ(組み合わせ)がおすすめ。

日本でジョルジュ・キャノン社の紅茶を取り扱っているところは少ないとのことで、関西圏だけでなく全国からもお客さんがいらっしゃるのだとか。

ちなみに「サロン・ド・テ・アルション」では、1階ブティックで販売している紅茶は全てテイスティング可能という嬉しいサービスがあり、紅茶に親しみがない方でも、自分のお気に入りの一杯を気軽に見つけることができますよ。

「サロン・ド・テ・アルション」のおすすめスイーツ

紅茶にぴったりのスイーツも、芸能人をはじめファンが多い絶品がそろっています。
そのなかから、3点ピックアップしてご紹介します。

お店1番人気のモンブラン

こちらは、歌舞伎役者の片岡愛之助さんも大好きで、大阪松竹座で公演がある時にはよく召し上がられているのだそうです。

こだわりのモンブランは、フランス産のマロンクリームのなかに北海道産の生クリームがつまっているのですが、生クリームには砂糖を使用しておらず、さっぱりと食べられます。

生地は卵白を泡立てたメレンゲを焼き、サクサク食感が楽しい一品です。

ちなみに、スタッフさんによるとモンブランと合わせて飲むと美味しい紅茶は「アッサムティー」とのことでしたので、サロンで注文する際の参考にしてください。

マカロン

色とりどりで見ているだけでも楽しいアルションのマカロンは、粗めにローストしたアーモンドとアーモンド粉末を使ったしっかりとした食べ応えのある生地が特徴です。
果物のピューレを使ったクリームとの味と食感が楽しい、フランスの伝統的なお菓子のひとつです。

アルション塩キャラメルカステラ

砂糖とクリーム、そしてバターをゆっくり煮詰めて、ほろ苦い濃厚に仕上げたキャラメルをたっぷり生地に入れ、そこに味を引き締めるアクセントとして、フランスのカマルグ産の塩を少々。しっとりとした生地のカステラは口どけがクセになりそうな美味しさです。

こちらは味もさることながら、実は包装紙がとても可愛らしいのがポイントです。

大阪らしい包装紙で、ご当地にちなんだデザインが入った限定包装紙で包まれているので、お土産にもぴったりです。

お店でしか味わえないサロン限定メニュー

テイクアウトも魅力的ですが、やはりせっかくなんばに来たのであれば、楽しみたいのがお店でしか味わえない限定メニューです。

2階に上がると、食事やお茶を楽しめるサロンスペースになっています。
「サロン・ド・テ・アルション」では、スイーツ以外にもフレンチの要素を取り入れたランチも楽しめます。

皿盛りデセール

お店の2階サロンでは、テイクアウトのケーキでは味わえない焼きたてのアツアツや、アイスクリームの冷たい食感、少し触れるととろけてしまいそうな、できたてでしか楽しめない限定の皿盛りデセールがあります。

季節によってメニューが変わるのも嬉しいポイントです。
アートのような美しい盛り付けも、要チェックです。

アルションランチ 1700円

スープ、サラダ、メインディッシュ(魚か肉どちらか一品)、おかわり自由のパン、ショーケースの中からお好きなケーキ、お好きな紅茶という充実のラインナップ。

もともとのスタートは洋食レストランというアルションのランチは、フレンチの要素を取り入れており、メニューも系列店のシェフが季節ごとにメニューを考えています。

ランチタイム
平日:11:30~15:00
土日:11:00~15:00

また、+200円で先ほどご紹介した皿盛りデセールに変更も可能です。
ちょっと贅沢したい日のランチにおすすめです。

サロン・ド・テ・コース 2,300円

スープ、季節の前菜、メインディッシュ(魚か肉どちらか一品)、⑨おかわり自由のパン、お好きなデザート、お好きな紅茶というカジュアルなコースです。

アルションコース 2,800円

スープ、季節の前菜、お魚料理、お肉料理、⑩おかわり自由のパン、お好きな皿盛りデセール、お好みの紅茶というアルションの魅力がたっぷりつまったコースです。

本格的なお料理にもかかわらず、こちらで2,800円と高コスパなのも魅力的です。
特別な日にはスペシャルなディナー3000円もおすすめです。

ディナータイム
17:00~20:00

アフタヌーンティーセット

優雅なお茶の時間を過ごしたいときにおすすめなのがアフタヌーンティーセット。

乙女の憧れ3段ケーキスタンドには、1段目に⑫ショーケースよりお好きなもの1点、2段目にマカロンやフルーツ、焼き菓子、3段目にスティックパイとあたたかいキッシュが乗っています。こちらに好きな紅茶がひとつセットになっているので、かなりお得です。

写真映えもさることながら、色んなスイーツを少しずつ食べられるのも嬉しいですね。

こちらは15:00~19:00までの時間限定メニューですので、お気をつけて。

アレンジドリンクメニュー

1階で販売している全てのお茶のほかに、2階のサロンでは月替わりでサロン限定のお茶を使用したアレンジティーが楽しめます。ホットティーはポットでの提供ですので、ゆっくりとしたティータイムを堪能できますよ。

月に1度のお茶会について

「サロン・ド・テ・アルション法善寺本店」では、月に1度のお茶会を開催しています。
こちらは完全予約制ですが、どなたでも参加OK。

さまざまなお茶のテイスティングだけではなく、季節ごとに楽しめる工夫が凝らされていて、春はいちごの食べ比べなども行っているそうです。
始めた当初は不定期開催だったそうですが、好評につき2年ほど前から毎月の開催になったそうです。

定員は1回につき20名。2日間開催されます。
1回完結型のお茶会で、おいしい紅茶の淹れ方や器具の使い方、紅茶とお菓子のマリアージュ(組み合わせ)も学べます。

またお茶会限定のスペシャルティーやウエルカムドリンクも用意されているとのこと!
人気のイベントではありますが、参加した際に次回開催のお茶会の予約もできるそうですので、ぜひ1度参加されても楽しいと思います。

お茶会イベント参加方法

イベントの参加申し込みについては直接店舗でご予約いただくか、電話予約できるそうです。

サロン・ド・テ・アルション法善寺本店
電話番号:06-6212-4866
来店時間と人数をお伝えください。

このほか、季節ごとに楽しめるイベントを開催しているとのことで、10月にはモンブランフェアがあり、客席でマロンクリームを搾るので、できたてのモンブランが味わえます。

また、11月1日は紅茶の日ということで、前後2日間でティーフリーという様々な紅茶を少しずつ飲み放題のイベントも。
まだ「サロン・ド・テ・アルション」を訪れたことのない人も、常連客の方も楽しめる工夫が満載です。

店舗詳細

店名/サロン・ド・テ・アルション法善寺本店
住所/〒542-0076 大阪市中央区難波1-6-20
電話番号/06-6212-4866

営業時間
(平日)ブティック/11:30~22:00
イートイン/ラストオーダー21:30

(土曜)ブティック/11:00~22:00
イートイン/ラストオーダー21:30

(日祝)ブティック/11:00~21:30
イートイン/ラストオーダー21:00定休日/不定休

イートイン席数/テーブル36席(全面禁煙)

アクセス

地下鉄「なんば」駅、近鉄「大阪難波」駅下車
なんばウォークB-12またはB-14出口より徒歩3分

駐車場/なし

まとめ

カフェや飲食店が立ち並ぶなんばエリアのなかでも、ゆっくりとした時間が過ごせる「サロン・ド・テ・アルション」をご紹介しました。
こだわりのスイーツや紅茶は味もさることながら、食器にもこだわり、ティーカップはロイヤルコペンハーゲンのものを使用するなど、ティーサロン「サロン・ド・テ・アルション」ならではの優雅な世界観もおすすめポイントです。

なんばで人気のティーサロンです。ぜひ、休日や観光のひとときにいかがでしょうか。