スポーツ、芸術、食欲。どんな秋を過ごしていますか?

ミナミに響け!なんばストリートピアノが奏でる精華小学校のメロディ

街を歩いていると、どこからともなくピアノの音色が聴こえてきたことはありませんか?公共の場所で自由に演奏ができる「ストリートピアノ」をよく見かけるようになり、テレビや動画サイト(ピアノ系ユーチューバー)などでも注目を集めています。そんな中、先日大阪の地下街「なんばCITY」にてストリートピアノの寄託(きたく)式がとりおこなわれました。歴史あるピアノを修復してたくさんの人に弾いてもらいたい、そんな想いからこの記念すべき日を迎えることになったのです。

目次

ストリートピアノの寄託式

2021年3月27日、ストリートピアノ寄託式と記念演奏会が開催されました。1995年(平成7年)に廃校となった大阪市立精華小学校・幼稚園で使われていたピアノが修復され、このたびストリートピアノとして復活。歴史あるピアノが大阪なんばにある商業施設「なんばCITY」の地下2階に設置されることになり、その寄託式が開催されました。

なんばCITY ストリートピアノ

寄託先となったのが地元企業や商店など約120の団体で組織する、観光・集客・文化・振興を目的としたマネジメント団体「ミナミまち育てネットワーク」であり、寄託式の主催者でもある南海電鉄の和田まちづくり創造室長が今日に至る経緯を説明しました。

なんばCITY ストリートピアノ

昨年(2020年)の夏ごろに難波三丁目東振興町会から和田室長に1本の電話があり、「振興町会で維持管理しているピアノを使って、街が元気になり、人と人とがつながるようなことができないだろうか?」というやりとりがきっかけで、ストリートピアノとして復活することになったのです。

なんばCITY ストリートピアノ

廃校から維持管理をおこなってきた難波三丁目東振興町会を代表して徐正莱(じょ・まさらい)会長からは「修復にあたってくださったヤマハの方々ならびに関係者には大変感謝しています」「精華小学校は26年前(約四半世紀前)に廃校となりましたが、ストリートピアノとして復活することを非常に嬉しく思っております」という感謝と喜びのコメントも。

なんばCITY ストリートピアノ

そして徐会長から和田室長に目録の贈呈がおこなわれ、なんばの地に新しいストリートピアノが誕生しました。

記念演奏会でなんばの街に響くメロディ

ストリートピアノの弾き初めとして、読売テレビ「朝生ワイドす・またん&ZIP」やNHK「ウィークエンド関西」などに出演、そして鉄道ファンとしても有名なタレントの斉藤雪乃さんが登場。

なんばCITY ストリートピアノ

タレントの斉藤雪乃さん

ピアノは幼少期から始めていたそうで、中学・高校とよく遊びにきた思い出があるミナミの街に、想いを馳せた演奏(ショパン ノクターン 第2番 作品9-2)が披露されました。

なんばCITY ストリートピアノ

またタレントの羽田優里奈さんや一般の方も参加しての演奏会(第2部)もあり、会場はピアノの美しい音色に包まれ人々を魅了しました。

難波三丁目東振興町会 徐正莱会長 独占インタビュー

ストリートピアノに託す想い

なんばCITY ストリートピアノ

難波三丁目東振興町会
徐正莱会長

精華小学校が廃校になったあと、ピアノは校舎の中でずっと放置されたままになっていたのですが、いざ校舎が解体されるとなったとき、私はこの残されたピアノたちの嫁入り先を見つけないといけないという気持ちになりました。

校舎内に残っていたピアノを集めると全部で9台あったので、メーカーのヤマハさんに来ていただいて1台ずつ現状のチェックをお願いしたところ、そのうち5台だけは修復が可能だったのです。

修復したピアノのうち1台は、このなんばの街の真ん中に精華小学校が存在していた記憶を風化させないために、みなさんが弾けるピアノとして活用したいという想いがありました。

私は以前から海外の「ストリートピアノ」という存在は知ってたのですが、十数年前から日本国内でも見かけるようになったとき、このピアノをストリートピアノとして置いてくれる施設を探しはじめました。

ストリートピアノは広い屋内スペースに設置する必要があるので、地元企業でもある南海電鉄さんに相談したところ、このたび大勢の人が行き来する地下街「なんばCITY」の一角に設置していただけることになりました。

このピアノの音色を聴いて、たくさんの方の気持ちが癒されたら嬉しく思います。

南海電気鉄道株式会社 執行役員 まちづくり創造室 和田真治室長 独占インタビュー

人々に愛されるストリートピアノを目指して

なんばCITY ストリートピアノ

南海電気鉄道株式会社
執行役員 まちづくり創造室
和田真治室長

徐会長からこのお話をいただいたとき、いま巷で注目を集めているストリートピアノはなんば活性化の貢献につがると考え、快諾させていただきました。

今はまだ自粛が求められる状況ではありますが、たくさんの方に音楽で楽しんでもらえるような街になり、いずれは街のにぎわいを取り戻したいという想いで設置できる場所を探しました。

人の流れを妨げず騒音にならない場所を探すため、さまざまな担当部署の垣根を乗り越えて社内で調整を重ねた結果、今回この南海なんば駅の地下街なんばCITY内のスペースに設置することとなりました。

またミナミにはコンサートホールといった文化施設が比較的少ないこともあり、このストリートピアノから音楽の文化が生まれるような拠点になれば嬉しく思います。

このストリートピアノが多くの人々に愛され、なんばの街でのシンボル化と精華小学校の歴史を受け継いで、これからもしっかりと管理していきたいです。

ストリートピアノの今後について

このヤマハグランドピアノG3は1961年頃に製造されたもので、現代とは少し異なる作り方がなされてる点があり、足元の装飾やペダルの数などは当時ならではの特徴的な部分といえます。

なんばCITY ストリートピアノ

なんばCITY ストリートピアノ

今後については、半年に1回をめどに調律などの調整をおこなう予定となっていますが、担当された調律師の方も、ストリートピアノのメンテナンスは今回が初めてだそうです。

なんばCITY ストリートピアノ

家庭にあるピアノの場合は、演奏する人の癖にあわせた調律をおこないますが、たくさんの人が弾くストリートピアノは今後どのような状態になっていくのか、引き続き注目が集まります。

ストリートピアノ設置場所はこちら

なんばCITY(なんばシティ)地下2階
※新星堂の正面にあるエスカレータの裏側に設置されています。
なんばCITYフロアガイド

なんばCITY 地図

なんばCITY 地図

なんばCITY ストリートピアノ

※演奏時間は11:00~19:00です(状況により中止または変更の可能性あり)
※演奏する前は手の消毒、マスク着用をお願いします。

施設名/なんばCITY
住所/大阪市中央区難波5-1-60
営業時間/
ショッピング 11:00~21:00
レストラン  11:00~20:00
お問い合わせ/06-6644-2960(10:00~21:00)
アクセス/南海電鉄・地下鉄「なんば駅」下車すぐ
公式サイト/なんばCITY公式サイト

精華小学校の歴史をたどる

エディオンなんば店

なんば駅から道頓堀川にかかる戎橋(えびすばし)の間にある戎橋筋商店街のとなり、当時の精華小学校が建っていた場所(現:エディオンなんば本店)には「精華小学校メモリアルルーム」が一般開放されており、ピアノが映っている当時の写真や演奏されていた校歌などが展示されています。

精華小学校メモリアルルーム

精華小学校 写真

歴史をたどり想いを馳せながらストリートで演奏してみるのも楽しみ方のひとつですので、ぜひメモリアルルームにも足を運んでみてはいかがでしょうか。

施設名/大阪市立精華小学校メモリアルルーム
住所/大阪市中央区難波3-2(エディオンなんば本店1階)
開館時間/10:00~19:00

まとめ

大阪なんばの中心に新たなストリートピアノの拠点が誕生しました。それぞれの想いをメロディに乗せながら演奏される音色は、これからもなんばの街に響き渡ることでしょう。精華小学校の歴史と同時に歩んできたピアノをだれでも自由に弾くことができるので、なんばの街へお立ち寄りの際はぜひ足を運んでみてください。このストリートピアノを通じて、音楽を楽しむ人たちが集まる街として、新しい文化が生まれることが期待されます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる