関西国際空港と直結する、インターナショナルな玄関口である「なんば」の新しいランドマークとして2018年に誕生した「なんばスカイオ」
関西初出店のショップやグルメがそろったこだわりの店舗が並び、またビルの上階にはオフィス・クリニック・コンベンションホールが入る、都市型複合ビルです。

本記事では、関西初出店、なんばエリア初出店といったおすすめショップの情報やアクセスをご紹介しています。

なんばスカイオについて

なんばスカイオは南海電気鉄道が大阪市中央区に新設した大型複合ビルです。
大型クリニックや人気のショップがそろっており。南海なんば駅直結なので雨の日でもアクセス抜群。ビル上階のオフィスフロアに加えて貸し会議室・コンベンションホールもあり、関西国際空港と直結する大阪の玄関口「なんばエリア」にふさわしい国際交流の拠点として活用されています。

フロア構成

南海電鉄株式会社 ニュースリリース資料より

なんばスカイオは、高さ約148メートル、延床面積は約85,000㎡、地上31階、地下2階建てになっています。
また、南海なんば駅、なんばパークスや髙島屋大阪店、スイスホテル南海大阪といった商業施設やホテルと直結しているだけでなく、地下鉄や阪神線や近鉄線のなんば駅とも地下で繋がっています。
1F~6Fまでは、物販ショップやレストラン、銀行やスマートフォンショップなどサービス店が入ります。
次に、関西初出店やなんばエリア初出店など、多彩なショップやレストランが並ぶなかからおすすめ店舗をいくつかご紹介します。

関西初出店もあり!多彩なショップやレストラン

なんばスカイオには、関西初出店やなんばエリア初出店のショップやレストランが入居しています。日本の伝統文化の体験ができるお店をはじめ、こだわりあるお店がそろいます。

2F Hibiya-Kadan Style なんばスカイオ店

日比谷花壇

フラワーギフトはプレゼントの定番として挙げられますが、生花なので事前に購入するというよりも、贈る相手に会う道すがら購入される方が多いのではないでしょうか。
Hibiya-Kadan Styleは、駅直結のなんばスカイオ内にあるので雨にぬれず来店することができ、さらに夜は21時までオープンしているので、お仕事が忙しい方も立ち寄ることができます。

日比谷花壇

なんばスカイオ限定ブーケ「ガオーシュシュ」

週ごとに旬の生花のテーマが変わるので、取り揃えているお花が毎週変わることが特徴です。お誕生日や、歓迎会など、さまざまなシーンにあわせたオリジナルのフラワーギフトも対応してくれます。当日の対応も可能ですが、事前に予約の電話かWEBからご予約いただくとスムーズに購入できますよ。
「そばにいつもお花のある暮らし」のコンセプトから、お花を身近に飾れるようにと、購入しやすい価格帯で旬のお花が入ったグラスブーケやボトルブーケといった、ご自宅用としてぴったりなミニブーケがあるのも嬉しいポイントです。

3F ikariスーパー なんばスカイオ店

いかりスーパー

関西を中心に26店舗を展開している高品質スーパー「ikari」が、なんばエリア初登場。南海なんば駅直結、地下鉄からもアクセス良好ですので、通勤・通学・お買い物の帰りに便利です。

いかりスーパー

素材を吟味してつくられた自社ブランドのホットケーキミックスや芦屋マドレーヌといったロングセラーオリジナル商品や、世界中から厳選されたワインやチーズ、オリーブといった直輸入アイテムのほか、店内調理されたできたてののデリカテッセンも人気です。
専門店並のクオリティとラインアップを誇る、充実の洋菓子は手土産としても◎です。

3F OHAYO OKAERI

なんばスカイオ ジューススタンド なんばスカイオ ジューススタンド

ikariスーパーの前には、ポップなフルーツのイラストが描かれたのれんが目を引くジューススタンド「OHAYO OKAERI」が、2020年秋にオープン。「お早うお帰り」は大阪弁で「いってらっしゃい」という意味。【1日の始まりの「おはよう」「おかえり」から始まる明日への期待、お客様の毎日の元気を応援する】というコンセプトで、新鮮なフルーツジュースやスムージーを提供しています。

なんばスカイオ ジューススタンド

写真左:OHAYOミックス
写真右:大阪ハニーレモネード

フルーツジュースやグリーンスムージー、大阪名物のミックスジュースには、地域の農業を支えるという活動のもと、大阪産の素材やフルーツが使用されています。季節限定で旬のフルーツをふんだんに使った、素材の味をそのまま楽しめるコールドプレスジュースや、大阪梅田のビル屋上など都市養蜂で採蜜された大阪ハニーを使ったこだわりのレモネードなど、ここでしか飲めない商品も。

なんばスカイオ ジューススタンド

大阪近郊の素材にこだわった素材でつくられたジャムやドレッシングも販売

小休憩で飲むのもよし、飲みながら街を巡ってもよし。テイクアウト用の手提げ袋もあるので、オフィスや自宅へ持って帰ってもよし。ビタミン不足の現代人にとって手軽に美味しく摂取できますし、オフィスビルのなかにあるので、健康や美容に気を使いたいけどなにかと忙しいビジネスマンや女性の方にもおすすめです。ヘルシーかつ気軽に飲める、ジューススタンドで元気をチャージしましょう。

6F 象印食堂

なんばスカイオ6F、健康を意識した専門店が並ぶフロア「ヘルシーラボ」に、象印マホービンが手掛ける初の飲食店としてオープンした象印食堂は、「おいしいごはんが、ここにある。」をコンセプトにした、ごはんレストランです。

お米マイスターがブレンドしたこだわりのお米を、象印マホービン100年目の集大成として生み出した象印の炊飯ジャー「炎舞炊き」で炊き上げます。ごはんを引き立てるおかずは旬の素材をふんだんにつかった逸品そろいで、ここにしかないごはんが主役のレストランは、ランチにもディナーにもおすすめです。

7~8F コンベンションホール

7F・8Fは、最大460名収容のコンベンションホールになっています。
なんばスカイオコンベンションホール公式サイト

セミナーやシンポジウムといったビジネス利用のほか、有名写真家の展覧会やイベント展なども開催されています。

過去記事:大恐竜展 in なんば~よみがえる地球の絶対王者~

9F メディカルフロア 大阪なんばクリニック

病院以上の設備とホスピタリティの」“ビジネスクラス”のクリニックをコンセプトとして、最先端の検査機器を取り揃え、すべての患者さんへの質の高い医療の提供。
専門外来や検査検診以外にも、風邪などの保険検診もされているので、かかりつけ病院としても通院することができます。

診察時間/9:00~12:00、14:00~18:00(月~土)
休診日/日・祝 
年末年始12月30日~1月3日
診療科目/
脳神経外科
消化器内科
循環器内科
婦人科
乳腺外科
整形外科
放射線科
内科
予防検診/人間ドック、脳ドック、各種検診
電話番号/06-6648-8930
大阪なんばクリニック公式ホームページ

10Fはオフィスフロアへのロビーとなっており、13F~30Fまでオフィスが入ります。

施設情報

施設名/なんばスカイオ
住所
大阪市中央区難波5丁目1番60号
営業時間
10:00~21:00 (物販・サービス)
10:00~23:00 (飲食)
※一部店舗は営業時間が異なります。
トイレ
2Fに車いすおよびオストメイト対応トイレ
6Fに車いす対応トイレあり

アクセス

アクセスは下記の記事で写真付きで詳しく紹介していますので、こちらをご覧ください。
関連記事:大阪市民が案内!なんばスカイオへの行き方、アクセスを解説!

駐輪場情報

なんばCITY・なんばパークス駐輪場
営業時間/7:00~23:30
自転車/150円/24h (最初の2時間無料)

南海なんば西口駐輪場
営業時間/7:00~23:30
自転車/200円/24h (最初の30分無料、最初の4時間まで100円)
原付/300円/24h (最初の30分無料)
バイク/500円/24h (最初の30分無料)

さらに詳しくこちらの記事でご紹介しています。
関連記事:自転車でミナミに行こう!なんばエリアで利用できる駐輪場をご紹介

まとめ

関西初出店や全国初の新業態のお店など、新たなお店が勢ぞろいの「なんばスカイオ」
なんばパークス、髙島屋大阪店、スイスホテル、南海難波駅と直結しているので、お天気が悪い日でも濡れることなく移動ができ、1日遊ぶことができます。
ぜひなんばの新しいランドマーク「なんばスカイオ」をチェックしてみてくださいね!