スポーツ、芸術、食欲。どんな秋を過ごしていますか?

ワッハ上方で「夢路いとし・喜味こいし 上方漫才を支えた兄弟コンビ展」開催

大阪を代表する観光スポットなんばグランド花月の向かいにある、大阪府立上方演芸資料館(通称:ワッハ上方)は、「笑い」をテーマに、落語や漫才、講談、浪曲など上方演芸の魅力をさまざまな展示を通して楽しめる全国で唯一の資料館です。

2021年4月3日~8月31日まで「夢路いとし・喜味こいし 上方漫才を支えた兄弟コンビ展」を開催。「いとこい漫才」と親しまれ、昭和から平成にかけて活躍した漫才コンビの夢路いとし・喜味こいしさんにまつわる様々な資料を展示しています。

この記事では、展覧会の見どころなど紹介していますので、ファンの方はお見逃しのないようぜひ最後までチェックしてください。

★今回の特別展示は、8月31日まで開催されています。
新型コロナウイルスの感染状況が落ちつくまでは、上方演芸資料館のSNSにて展示会の様子が随時発信されていますので、SNSを通じた観賞をお楽しみいただき、感染状況が落ちついた際にはぜひご来館ください。

公式ホームページ
公式Twitter/大阪府立上方演芸資料館(@WKamigata) / Twitter
公式Instagram/大阪府立上方演芸資料館 (@wahha_kamigata)
公式Facebook/ワッハ上方(大阪府立上方演芸資料館) | Facebook

目次

「上方漫才の至宝」夢路いとし・喜味こいし

ワッハ上方 夢路いとし・喜味こいし 上方漫才を支えた兄弟コンビ展

夢路いとし・喜味こいしさんは、昭和から平成にかけて活躍した漫才コンビ。

役者の両親とともに地方巡業で子役として舞台 に立ち、1937(昭和12)年、荒川芳丸に入門し、荒川芳博・芳坊の名で、漫才師としてのキャリアをスタートさせます。

その後、南地花月をはじめ数多くの劇場で公演。誰もが楽しめる身近な話題を取り入れ世間話のようなひょうひょうとしたしゃべり方で、いつの間にか観客を爆笑に持っていくふたりのしゃべくり漫才は「いとこい漫才」と親しまれ、2003年に兄の夢路いとしさんが亡くなるまで、お茶の間に笑いを届けました。

上方お笑い大賞、上方漫才大賞など主要な賞のほか、1993年には芸術選奨文部大臣賞を上方漫才ではじめて受賞。1999年には大阪市無形文化財に指定、「上方漫才の至宝」と称され、上方演芸の発展と振興に大きく貢献されました。

夢路いとし・喜味こいし 上方漫才を支えた兄弟コンビ展について

ワッハ上方

ワッハ上方は、「上方演芸の保存及び振興を図るとともに府民に上方演芸に親しむ場を提供し、大阪文化の発展に資する」目的で1996年11月にオープン。
府民に親しまれ後進の目標となる演芸人を「上方演芸の殿堂入り名人」として表彰しています。

ワッハ上方

これまでに落語・浪曲・講談・漫才・漫談・コメディアンなど令和元年度の受賞で58組 94名の方が受賞。殿堂入りされた名人の足跡を、所蔵する貴重な資料とともに紹介し、上方演芸の魅力や歴史を紹介する「上方演芸の殿堂入り名人 特別展」を企画・開催しています。

今回は、2004年に殿堂入りを果したふたりの足跡をたどる「夢路いとし・喜味こいし 上方漫才を支えた兄弟コンビ展」を開催。
写真パネルのほかオフショットや台本などを通して、今なお語り継がれる伝説的名コンビがどういう考えで漫才をしていたのか。思いをはせながら観賞することができる展覧会になっています。

今展覧会の見どころ

ワッハ上方 夢路いとし・喜味こいし 上方漫才を支えた兄弟コンビ展

資料は、御遺族、所属事務所の和光プロダクション所蔵の資料30点と上方演芸資料館の収蔵資料26点(計56点)を、会期中に展示替えを行いながら展示されます。

ワッハ上方 夢路いとし・喜味こいし 上方漫才を支えた兄弟コンビ展

オフショット写真パネル

ワッハ上方 夢路いとし・喜味こいし 上方漫才を支えた兄弟コンビ展

ワッハ上方 夢路いとし・喜味こいし 上方漫才を支えた兄弟コンビ展

実際に使用された台本

ワッハ上方 夢路いとし・喜味こいし 上方漫才を支えた兄弟コンビ展

上方演芸ではじめて受賞した芸術選奨文部大臣賞の賞状

館内の体験エリアでは、在阪の民放放送局から協力を得て、来館者の皆さまに夢路いとし・喜味こいしのしゃべくり漫才を楽しんでもらえるように、出演番組25タイトルを日替わりで上映しています。
年配の方には懐かしく、ふたりの漫才になじみのない若い方には新鮮に感じられる貴重な映像コンテンツですので、来館の際にはぜひご覧くださいね。

展覧会詳細

展覧会名/夢路いとし・喜味こいし 上方漫才を支えた兄弟コンビ展
会期/2021年4月3日~8月31日
会場/大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方)
住所/大阪市中央区難波千日前12-7 YES・NAMBAビル 7階
開館時間/10:00~18:00
休館日/毎週月曜日(祝日の場合は翌平日が休館日)、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号/06-6631-0884
入館料/無料
公式ホームページ
公式Twitter/大阪府立上方演芸資料館(@WKamigata) / Twitter
公式Instagram/大阪府立上方演芸資料館 (@wahha_kamigata)
公式Facebook/ワッハ上方(大阪府立上方演芸資料館) | Facebook

まとめ

大阪人のアイデンティティのひとつである「笑い」をはじめとする上方演芸の素晴らしさを広く発信するワッハ上方では、感染症対策を徹底しながら、幅広い年代に親しんでもらえるように工夫された常設展示や企画展示を開催しています。

「夢路いとし・喜味こいし 上方漫才を支えた兄弟コンビ展」は、時事問題や庶民の生活を取り入れた新鮮な話題と、豊かな大阪弁を駆使した軽妙なしゃべくりで品のある漫才で人気を博し、舞台、ラジオ、テレビと常に第一線で活躍した夢路いとし・喜味こいしさんの軌跡を知ることができる充実の展示内容になっています。
感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えるよう呼びかけられているなか、ワッハ上方の公式SNSでは展示内容をわかりやすく発信しています。ご自宅でもお手持ちのスマートフォンやパソコンから特別展の模様をお楽しみいただけますので、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる