今回で3回目となる「ミナミのワインスポット探訪」ツアーは、回を重ねるごとに倍率もアップする人気イベント。ツアーアテンドは、ワインとミナミの街を知り尽くした豊原文美さん。

「おひとりでも飲みに行けるのはもちろん、同じワインとはいえ、「ココまで違うの!」と驚いてもらえるようなお店を紹介します」と[テロワール倶楽部なんばダイニングメゾン店]と[にこらしか]の2店舗をアテンド。

1軒目に訪れたのが、これぞワインなイメージの[テロワール倶楽部なんばダイニングメゾン店]。乾杯はもちろんスパークリング。シャンパーニュとカヴァ、ゼクトの違いなどをソムリエさんから教えていただきながら、生ハムにチーズ、キャビアが盛り込まれたアミューズをいただきます。続いてサーブしていただいたのがオーストラリアの赤ワイン。「ニューワールドでも最近レベルが高いですよ」と最近のワイン事情のお勉強に。

続いて訪れた[にこらしか]は鉄板焼き店。「鉄板とワインをあわせる面白さ。しかも、正統派のさきほどとは異なり、こちらは地酒的なワインが揃っているんです」と豊原さん。その言葉通り、登場したワインは白ワインのカテゴリーなのに赤色という珍しいモノ。さらに乾杯のシードルはノンフィルター製法で自然に発泡している濁りとくれば「知らないものだらけ」と参加者の方もため息まじりにポツリ。シメのお好み焼き×ワインのマッチングに舌鼓を打った後、そうそうに予約方法を尋ねるなど参加者の方も大満足でした。

 

ツアーはこれで終了でしたが、もう1軒豊原さんお薦めのお店もレクチャー。アメ村にあるこちらは、量り売りでワインが気軽に1杯から楽しめ、アテはミシュラン店出身のシェフが手がけるという[Jampa]。

ワイン好きならこちらも要チェックですよ。

エン ナニワ