スポーツ、芸術、食欲。どんな秋を過ごしていますか?

都会の真ん中でバーベキュー!手ぶらで楽しむ「ジャングルなんば」

キャンプやバーベキューをするとなると道具をそろえたり、事前の準備に時間がかかったり、行く前から疲れてしまったという経験はありませんか?
今回はそんな事前準備のわずらわしさが無く、手ぶらでバーベキューが楽しめるグランピングパーク「JUNGLE Namba (以下ジャングルなんば)」についてご紹介します。

ジャングルなんばではパーク内に設置されているテントで日帰りバーベキューができ、季節限定のコースメニューも楽しめるレジャースポットです。食材やバーベキューに必要なアイテムは全てそろっているので手ぶらで気軽に遊べます。テイクアウトもできるランチもあるので、近隣でお仕事をされている方にもおすすめしたいスポットです。

この記事ではジャングルなんばの利用方法や多彩なメニューについて紹介しています。
ファミリーでのレジャー利用、デート、女子会や合コンの場として、またペット同伴がOKなのでペットと過ごせる場所をお探しの方は、ぜひ最後までチェックして休日のレジャー利用にご活用ください。

目次

ジャングルなんばとはどんなところ?

ジャングルなんば

大阪なんばを通る国道25号沿いに2018年秋にオープンした都市型レジャースポットで、都会にいながら緑豊かなパーク内でグランピングが体験できます。バーベキューをしたり、カフェやバーでくつろいだりすることができます。各線なんば駅(JRを除く)からアクセスが良いので利用しやすく、駐輪場も併設しているので気軽に立ち寄ることができます。

グランピングとは?

都市部でもグランピングをテーマにしたカフェやレストランが続々と登場するなど、レジャースポットのひとつとして定着しました。グランピングは、「魅力に満ちた」という意味のグラマラス(Glamorous)と「キャンプする」のキャンピング(Camping)という2つの単語を合わせて造られた言葉です。
キャンプの場合、自分でテントや食材を用意しなければなりませんが、グランピングは施設に必要アイテムが全てそろっているので、テントを組み立てたり食材を持って行ったりする手間がかからず、気軽にアウトドアを楽しめるということから人気が高まってきています。

公園としても利用OK

ジャングルなんばでは日帰りバーベキューだけでなく、公園としての利用ができます。入口すぐのスペースには円テーブルがあり、こちらは無料で利用可能で、飲食物の持ち込みもできるので、ランチや散歩途中の休憩にも使えます。

ジャングルなんば

ジャングルなんば

ドリンクメニュー(2021年3月時点)

施設内にあるドリンクスタンドではカフェの利用ができ、テイクアウトもできます。

ジャングルなんばの過ごし方、楽しみ方は?

ジャングルなんばの魅力は手ぶらで行ってバーベキューなど、グランピング体験ができることです。 屋外レジャーで心配なトイレも完備されているので、不自由なく都会の中心でアウトドアが楽しめます。

グランピングならではのアイテム

手ぶらで行っても、キャンプで使用する本格的なグリルやテントが使えるのはグランピングの醍醐味です。

ジャングルなんば

ウェーバー(weber)

アウトドア好きなら誰もが知っているキャンプ大国アメリカのバーベキューグリルだそうです。アメリカ国内で60パーセント以上のシェアを占める人気のグリルで、具材への火の通りが早くお肉をジューシーに焼きあげます。

ジャングルなんばへのアクセス

お天気が良い日はテントの天井部分を開けて、青空を見ながらバーベキューが楽しめます。

ジャングルなんば

内装やテーブルの木のスタイルが、落ち着いた雰囲気でリラックスできます。
夜にはお客様のリクエストがあれば焚火をしてくれます。焚火がキャンプの雰囲気を盛り上げてくれますし、炎は見ているだけで癒し効果があるのでおすすめです。

季節によっての過ごし方は?

テントの生地は厚地でしっかりしています。冬は360度シートにかこまれるのでテント内の寒さが和らぎ、入口に付けられている「風よけシート」は効果が抜群で、冷たい風を心配することなく過ごすことができます。

ジャングルなんば

冬のテント仕様

テント内にはストーブが設置されています
ジャングルなんばでは円座やブランケットの貸し出しをしていますので、冷え対策は万全な状態でバーベキューが楽しめます。

ジャングルなんば

ジャングルなんば

電気ヒーターとストーブが設置されています。

夏の時期は暑さに負けず屋外の解放感を求めて来られる方が多いのですが、扇風機などの設置が無いので、暑さをポジティブにとらえて楽しめるひとに人気だそうです。
ジャングルなんばに行ってみたいけど、どうしても暑さ寒さが苦手だという方は春、秋などの過ごしやすい季節に1度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

虫の心配をせずに楽しめる

屋外で緑が多いため、虫が苦手だと心配される方もいるかもしれませんが、ジャングルなんばでは今までに「虫が出て困った」ということはないそうです。パーク内にはたくさんローズマリーなどのハーブが植えられていて、こうしたハーブ類が虫よけの効果を発揮しているのかもしれません。蚊の対策は虫よけスプレーが用意されていますのでご利用ください。

ジャングルなんば

ジャングルなんば

パーク内の一部植栽は自動でスプリンクラーが定期的に水やりをしているそうで、ローズマリーなどのハーブや植物が青々と育っています。

おしゃれで清潔なトイレ

ジャングルなんば

屋外の施設のトイレだと清掃が行き届いていないのでは?という心配をされる方も多いかもしれませんが、ジャングルなんばのトイレはシックなデザインのトレーラーハウスの中にあり、掃除もきちんとされていて快適です。

ジャングルなんば

女性用のトイレ内には植物がディスプレイされていて、キャンプの雰囲気が楽しめます。
行き届いたお掃除と雰囲気を大切にされるスタッフの方々の心配りが感じられます。

ジャングルなんば

エアコン完備のトイレなので、夏はこちらに涼みに来る方もいるそうです。

ペット同伴OK

週末のレジャー利用に、大切な家族の一員でもあるペットも一緒に連れて行きたいと思われる方は多くいらっしゃるはずです。ジャングルなんばの常連の方の中にはシベリアンハスキー犬4頭を連れてバーベキューを楽しまれる方もいるそうです。

小型犬、中型犬はもちろん、なかなか都心で大型犬と一緒に過ごせる施設は少ないので、大型犬のオーナーさんは、おでかけスポットの1つとしてぜひリストに加えてみてください。

ジャングルなんばのバーベキュー

ジャングルなんばのメインといえば、バーベキューと多彩なお料理です。
食材は国産の野菜と、提携している焼肉屋さんから卸しているお肉を使うほどこだわっています。どのコースも2時間の飲み放題が付いてリーズナブルでとてもお得です。

数あるメニューの中でも特に人気が高いコースを2つピックアップしてご紹介します。
(2021年3月末までのメニューとなります)

お手軽BBQコース

ジャングルなんば

画像提供/ジャングルなんば

お手軽BBQコース
2時間飲み放題付き
1名/4,500円(税込)
(小学生は2,000円)

こちらのお手軽BBQコースは平日17時までに入店されると1名 4,000円/税込で利用ができるので、平日お昼の利用に大人気だそうです。

コース内容(全5品)
ポテトナチョス
ビーフチャックアイロール
鶏モモ肉100g(レモンペッパー風味)
ウィンナー
季節の野菜盛り合わせ

JUNGLE BBQコース

ジャングルなんば

画像提供/ジャングルなんば

JUNGLE BBQコース
2時間飲み放題付き
1名/5,500円(税込)
(小学生は2,200円)

コース内容(全6品)
ポテトナチョス
ビーフチャックアイロール250g
鶏モモ肉100g(レモンペッパー風味)
ウィンナー
季節の野菜盛り合わせ
人気ベーカリー特製生地のマルゲリータピザ
ポイント①ビーフチャックアイロールとは?
日本で「肩ロース」と呼ばれている部位で、赤身肉のしっかりとした肉質と適度な脂質が美味しいお肉です。
ビーフチャックアイロール、鶏もも肉レモンペッパー風味は1度食べると、やみつきになるほどリピーターの多い人気メニューです。コース注文でも、それぞれ単品で追加注文できるので、この機会に思う存分味わってみてください。

ポイント②地元人気ベーカリー特製生地のこだわりピザ
メニューにあるマルゲリータピザの特製生地は、南海なんば駅高架下にある人気ベーカリー「オーサムべーカリー・なんば店」に特注していて、ジャングルなんばでしか食べられないものです。

南海難波駅 オーサムベーカリー

オーサムベーカリーなんば店
大阪市浪速区難波中2-11-1

ジャングルなんば

また、少し食べ足りないときや、バーベキューでもう一度食べたいお気に入りのお料理があれば追加で単品注文ができます。

冬限定の鍋コースメニュー

こだわり国産もつ鍋コース
2時間飲み放題付き

大人/3,800円(税込)
小学生/1,800円(税込)

冬限定でお鍋のコースが提供されています。ご紹介した「こだわり国産もつ鍋コース」は、鍋コースの中で1番人気があります。毎年楽しみにされているリピーターの方もいるほどで、体もぽかぽか温まり、国産のもつとニラがたっぷりのスタミナ満点鍋です。

コースメニューは他にもいろいろなものがあり、何度来ても楽しめるのもジャングルなんばの魅力のひとつです。

そのほかのメニューは公式サイトでご確認いただけます。
ジャングルなんば公式サイト

飲み放題ドリンクメニュー

ジャングルなんば

飲み放題のドリンクは、BARブースに行って自分でサーブができます。

ジャングルなんば

カクテルの種類が充実していて、いろいろ試すことができ、みんなでわいわい作って楽しく盛り上がること間違いなしです。

テイクアウトOKの日替わり弁当

毎日、日替わりで3種類のお弁当を販売しています。 お弁当もパーク内のキッチンで作られていて、購入したお弁当はパーク内で食べることもできますし、テイクアウトもできます。
取材に訪れたこの日のメニューは 「唐揚げ」「ハンバーグ弁当」「天津飯」と老若男女問わず人気のあるメニューでした。

ジャングルなんば

唐揚げ弁当

ジャングルなんば

ハンバーグ弁当

ジャングルなんば

天津飯

お弁当は副菜があってバランスが良く、どれもボリュームがあります。
店頭販売以外にも、デリバリーや工事現場、オフィスビルに出張販売されているそうです。
なんばエリアにはオフィスビルも多いので、日替わりで栄養バランスのよいボリュームたっぷりなお弁当が食べられるのは嬉しいポイントです。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策

ジャングルなんばは、大阪府が定める新型コロナウイルス感染防止ガイドラインを遵守して営業しています。

ジャングルなんば

ご利用のみなさまに検温とアルコール消毒のご協力をお願いしています。

ジャングルなんば

ご来場の際にはマスク着用の上、パーク内でも食事の際以外の会話はマスク着用、周囲との適切な距離を保つなど、感染拡大防止にご協力ください。

店舗情報

店名/ジャングルなんば
住所/大阪市浪速区難波中1-12
営業時間/11:00~20:00
バーベキュー・ラストオーダー/18:00
ドリンク・ラストオーダー/19:00
電話番号/070-2328-5770
定休日/年末年始(12/26~1/5)
不定休のためお問い合わせください。
貸し切り
ジャングルなんばでは結婚式の2次会や女子会、パーティなど大人数での貸し切りができます。 ご希望の方はジャングルなんばに直接お問い合わせのうえ、ご予約をお願いいたします。
公式ホームページ

アクセス

施設内に駐車場はありません。
車で来場される方は、近隣のコインパーキングの利用をお願いいたします。
有料駐輪場はあり。

①大阪高島屋の正面入口からスタート、向かって右側(南海なんば駅方面)に進みます。

ジャングルなんばへのアクセス

②南海なんば駅方面に直進。

ジャングルなんばへのアクセス

③阪神高速道路の高架が見えます、真っ直ぐ進みます。

ジャングルなんばへのアクセス

④阪神高速高架下を通り、右に御堂筋(道路)を見ながら、がそのまま直進。

ジャングルなんばへのアクセス

⑤御堂筋の「難波中1」の標識、直進。

ジャングルなんばへのアクセス

⑥真っ直ぐ進むと右側に「ジャングルなんば」のテントが見えてきます。そのまま直進。

ジャングルなんばへのアクセス

⑦20メートルほど進むと交差点があります。進行方向、右の信号(御堂筋)を渡ります。

ジャングルなんばへのアクセス

⑧信号を渡るとすぐに、ジャングルなんばに到着です。

まとめ

ジャングルなんばはファミリー、ペットとのレジャー、女子会やランチの利用など、さまざまなシーンで楽しめるのでリピーターも多く、特に合コンやデートでは「屋外で一緒にお肉を焼く」という、いつもとは違った時間を過ごすことで、どのグループ、カップルも盛り上がるそうです。

また、ジャングルなんばではさまざまなイベントを開催しています。今後も感染症対策を講じながらマルシェやクラフトビールのイベントが予定されています。(新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては延期や中止の場合もあります)

都会の真ん中にいながら感じられる解放感とジャングルなんば自慢のこだわりの素材を使ったバーベキューをぜひ楽しんでみてください。

周辺のおすすめスポット

コミュニティーフードホール 大阪・日本橋が髙島屋東別館にオープン!
【なんばパークス】ベビースター都市型テーマパーク「リトルおやつタウンNamba」オープン!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる