大阪なんばにある戎橋筋(えびすばしすじ)商店街では、長い商店街の歴史のなかで培われた技術や文化を楽しめる「体験博」というイベントを毎年春と秋に開催しています。
毎年楽しみにしている方も、体験博ってなに?どんなことができるの?というはじめましてな方も、ぜひこのページを見て興味のあるプログラムを見つけてください。

◆戎橋筋商店街の体験博とは?

戎橋筋商店街が毎年春と秋に開催している、なんばのお店・まちの魅力体験イベント。
平素できない体験を通じて、戎橋筋商店街や周辺地域の商いやまちの魅力をお客様に知っていただき、ファンになってもらうとともに、なんばのまちで家族や知人との交流を楽しんでいただける機会を提供することを目指したコミュニティイベントです。

実施プログラムは、すべて手作り!

商店街理事による実行委員会が協力店や周辺施設と合同で企画、運営を行い、試行錯誤を重ねて今年で16回目を迎えます。

◆プログラムのご紹介

戎橋筋商店街に本店をおく名店の技や、道頓堀川クルーズなどお店やなんばの魅力をリアル体験できるプログラムがあります。。

プログラムの一部をご紹介。

◆551蓬莱・秘伝の豚まん手包み

あの超有名!豚まんでおなじみの551蓬莱の本店(創業地)は、実は戎橋筋商店街なんです!
テレビでよく見る本店作業場に皆さんをお招きして、豚まん包み名人が直接551流の包み方を伝授。
おひとり2個を完成いただき1つを実食、もうひとつをお持ち帰りいただきます。

初めての立ち飲み、マイスターにお任せ!(女性限定)

いま、なんば界隈で若い女性にも人気の立ち飲み。
でもひとりではなかなか……という皆さんを戎橋筋の自称「立ち飲みマイスター」がタイプの異なるオススメ2店舗をご案内します。
ここで情報収集して、後日誰かを誘っておでかけするのもいいかも。

はじめてのOSK「レビュー春のおどり」親子観劇(小中高生とその保護者対象)

なにわの春を告げる豪華絢爛な舞台を親子で観劇。
さくら色のパラソルがいっせいに開くシーンは圧巻!

キッズも一緒に観劇できる珍しいチャンスです。
戎橋筋商店街の体験博だからこそできる!観劇後は特別に出演者と記念撮影も。

その他、体験博ならではのプログラムがあります。

◆応募期間は?

・応募期間 2018年4月1日(日)~20日(金)
※先着順ではありません。

・開催期間 2018年5月13日(日)~23日(水)

全22プログラム700名様をご紹介(一部有料)

応募方法

体験博専用ホームページから注意事項を必ずご確認のうえ、ホームページもしくは、はがきでご応募ください。

当選通知の発送をもって発表となります。

4月26日(木)頃、発送予定。

まとめ

毎年3000人近い人が応募する大人気イベントです。
イベントの過去レポートも掲載してますので、ぜひご覧ください。
【春の体験博2017】立ち飲みマイスターと横丁めぐり
【春の体験博2017】自分で包んだ551蓬莱があるとき!