2019年8月10日(土)スイスホテル南海大阪にて、関西の中学校、高等学校の学生たちによるジャズを中心とした音楽祭が開催されます。毎年行われている恒例行事で、今年で9回目。根強いファンもいます。

暑い季節に涼しい場所で、しかも無料で演奏を楽しむことができるおすすめイベントです。開催前に見どころをご紹介します!

ミナミ学生音楽祭とは?

ミナミのまちをより楽しく、また安全安心なミナミについてを考えているまちづくり団体「ミナミまち育てネットワーク」が主催しています。

「ミナミ学生音楽祭」もスタート当初は「ミナミ学生ジャズカーニバル」という名前でジャズを中心にしていました。
というのも、ミナミはジャズ発祥の地(諸説あります)ということで、ジャズ演奏する若い中高生たちに発表の場を提供してミナミへの思いをより深くしてもらい、将来にわたってミナミを愛するファンづくりをしたいという想いからスタートしています。

しかし、ジャズ演奏ができる学校は少なく、毎年出場校選びには苦労があるそうです。
毎年出場する定番の学校もある中、昨年は和太鼓部のある高校に出演いただき、ジャズと和の音のコラボを楽しみました。
残念ながら今年の出演はありませんが、和太鼓が加わると迫力満点でしたよ。

大学は大阪芸術大学のバンドが参加して、イベントの盛り上げに一役買っています。

ミナミ音楽祭の見どころ

見どころは、プロミュージシャンが参加して、各学校とセッションすることです。
今年のプロはトランペット奏者の横尾昌二郎氏!(写真は広瀬未来氏)

今年出演する中学校が出身校だそうで、生徒の目標になるかもしれませんね。
学生たちもプロと演奏することで腕に磨きがかかるようです。そんな学生たちの成長を楽しみに毎回見に来られる観客もいるようです。

そして、今年は暑い夏に合うラテンジャズをテーマにしています。初出場の京都府立工業高校はラテン系アレンジに定評があるとのことで、どのような演奏を披露してくれるのかとても気になります。

フィナーレでは出演校数校とプロミュージシャンが一緒に舞台に上がり、大人数で演奏します。
ミナミらしく楽曲は「道頓堀行進曲」で最後を締めくくります。

会場での過ごし方

座席は900席用意されているので、座れなかったということが、過去にもまだ起きていません。
学生のご家族も最初から最後までいる方はほぼいないので、常にどこか座れる椅子があります。
入場前の整理券配布もありませんので、開場したらお好きなお席へどうぞ。

途中の入退場は自由です。

少し休憩したくなったら、会場入口横にはスイスホテルのソフトドリンクバーが登場しますので、500円でコーヒー、紅茶、ジュースをいただくことができます。または、コンビニへ行く人もいますよ。
フロアにはソファもたくさん配置されているので、くつろぎやすくなっています。
同じフロアには綺麗なお手洗いもあります。

イベント概要

開催日/2019年8月10日(土)
時間/第1会場=開場14:00 開演14:30~18:00頃(予定) 
   第2会場=11:00~12:30(予定)

会場
第1会場/スイスホテル南海大阪8階「浪華(なにわ)の間」
出演/京都府立工業高校、甲南高等学校・中学校、大阪府立泉陽高校、西宮市立西宮浜中学校、
高槻市立冠中学校、西宮市立学文中学校、大阪府立北野高等学校
ゲスト 大阪芸術大学O.U.A.ビッグバンド、横尾昌二郎(Tp)

第2会場/スイスホテル南海大阪6階アトリウム(ロビーのあるフロア)
出演/甲南中学校、高槻市立冠中学校、大阪芸術大学コンボバンド

会場アクセス

南海電鉄なんば駅北改札口より直結。エスカレーターで6階または8階へお越しください。
大阪メトロ 御堂筋線・四つ橋線・千日前線なんば駅、 近鉄線・阪神なんば線、大阪難波駅より南海電鉄乗り場の方向へ徒歩約5分。

お問合せ先

ミナミまち育てネットワーク
電話/06-6646-1085
対応時間/平日10:00~17:00

台風などの荒天その他の理由でイベントを中止する場合があります。
中止の場合はイベント当日午前7時以降にミナミまち育てネットワークのHPに掲載されます。
ミナミまち育てネットワーク公式ホームページ

まとめ

関西の中学校・高等学校のビッグバンドのジャズ演奏が入場無料で聞くことができます。
学生たちが一生懸命練習して日頃の成果を披露する「ミナミ学生音楽祭」今年のテーマはラテンジャズ!暑い夏を熱く盛り上げましょう!
どうぞ涼しい会場へ足を運んでみてください。