大阪・なんばといえば、国内のみならずアジアを中心に訪日外国人も多く訪れる人気の観光地ですが、実は2019年度は訪台(台湾を訪れる)する日本人が200万人を突破するなど、年々日本と台湾の交流が盛んになっています。
なんばでも、台湾スイーツや料理を楽しめるお店が増えていますが、1月25日(土)~2月2日(日)の期間中に、南海電鉄と台湾観光協会が初コラボした台湾の魅力を体感できるイベントが開催するのだとか。気になるイベントを調べてきました。

台湾ランタンがなんばスカイオに登場

中華圏の旧正月である春節にあわせ、来る1月25日(土)〜2月2日(日)の期間だけミナミが台湾に大変身。なんばCITYなどの3つの商業施設で「台湾ウィーク in なんば」と題したイベントが開催されます。

台湾ウィークinなんば ランタン 台湾ウィークinなんば ランタン

期間中は、台中市で開催される「2020台湾ランタンフェスティバル in 台中」に先駆けて、なんばスカイオ1F北側入り口(スイスホテル南海大阪エントランス前)付近になんと約450個もの台湾ランタンが彩られます。賑やかなミナミがさらにお祭り気分を高めます。

台湾ウィークinなんば ランタン

点灯時間も長く、7時〜24時まで! 明るいうちから点灯しているので、通勤や通学の際にも台湾の雰囲気が楽しめます。太陽が落ちた後は、より美しく見えるので、写真映えもばっちりですよ。

台湾往復航空券が当たるキャンペーン抽選会

1月25日(土)〜2月2日(日)の期間中、なんばCITY、なんばパークス、なんばスカイオの3つの商業施設で買い物すれば、金額に応じて抽選券がもらえます。
この抽選、特賞は台湾往復航空券で、スイスホテル南海大阪の宿泊券や選べる台湾グッズ、うれしい台湾スイーツ賞など、豪華景品が盛りだくさんです。

見逃せないスペシャルトークライブ

日本でも登山を楽しむ人が増えていますが、実は台湾でも人気なのが山登り。台湾には、富士山よりも高い標高3952メートルの最高峰・玉山をはじめ、台湾本島を南北に縦走する5つの山脈が、島の総面積の半分近くを占めており、まさに台湾は登山にぴったり。台湾旅行に行ったならば、訪れる観光地はたくさんあれど目指すべきは、いま山なのかもしれません。
そんな山の魅力をあますことなく教えてくれる台湾ゆかりのゲスト写真家の村上悠太氏のトークショーが1月25日に開催されます。
こちらは午前・午後の2回制で、各回50名限定。参加者には特製版iPASS(地下鉄交通カード)がプレゼントされるんです。気になる人は急いで申し込みを!

また鉄オタの方に朗報なのが、翌日には台湾でふれる「鉄道のロマン」と題したトークショーが開催されます。
こちらも鉄道の魅力を語るだけではなく、参加者に台湾32名駅ボードゲームがプレゼントされるんですよ。
14時からの1回のみで、定員は50名。もちろん急いで申し込みを!

イベントデータ

名称/2019年訪台200万人突破記念「台湾ウィーク in なんば」
開催期間/1月25日(土)〜2月2日(日)
開催場所/なんばスカイオ、なんばCITY、なんばパークス
ランタン点灯時間/7:00〜24:00
抽選会場/なんばスカイオ3F エントランス
抽選方法/3施設にて、お買い上げ・ご飲食レシート5000円(税込)ごとに1回
抽選期間/1月25日、26日、2月1日、2日 ※4日間
共催/なんばスカイオ、なんばCITY、なんばパークス、台湾観光協会大阪事務所

台湾ウィークinなんば チラシ 台湾ウィークinなんば チラシ

まとめ

地元・関西の情報誌『SAVVY』でも、京阪神で楽しめる台湾の特集が2月号で組まれるほどの注目ぶり。
人気が高まっている台湾のイベントがミナミで開催となれば訪れるしかないですね。
台湾ランタンはかわいいので、イベントが楽しみです。