なんばエリアには数多くの商店街があり、そのなかでもなんばの中心部に位置する戎橋筋商店街(髙島屋大阪店からTSUTAYA EBISUBASHI間の約370m)は、歴史は古く、十日戎(とおかえびす)で有名な今宮戎(いまみやえびす)神社の参道として江戸時代に形成されました。
今日でもその賑わいは変わらず、約100店舗近いお店が軒を連ね、古くからのお店もたくさん残る歴史ある商店街です。

そんな商店街では、例年春と秋に、周辺地域の商いや街の魅力を普段できない体験を通じて知っていただき、また家族や知人との交流を楽しんでいただくことでなんばエリアのファンづくりにつなげる目的の体験型イベント「体験博」を開催しています。

この記事では、開催20回目となる今秋の体験博を記念した特別プログラム「eスポーツ えびすばし筋カップに挑戦!」と、同日開催された「はじめてのeスポーツ体験」をご紹介します。エディオンなんば本店には、実際に公式試合もできるほどのeスポーツブースがあり、今回はこちらを貸し切ってのスペシャルイベントです。
白熱した当日の様子、またエディオンなんば本店の本格的なeスポーツブースや今回使用したゲーミングPCなどをご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

「eスポーツ えびすばし筋カップに挑戦!」プログラム紹介

世界中でさまざまな大会が開催されるなど、いま最も盛り上がっているeスポーツ。まだまだ日本での知名度は高くないものの、2022年に開催されるアジア競技大会のメダル種目にも採用され、今後オリンピック種目への採用も検討されるなど注目を集めています。

e-スポーツとは?
e-スポーツとは「エレクトロニック・スポーツ(electronic sports)」の略称。
電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉で、コンピュータゲームやビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。
中国など先進国の一部ではすでに国がスポーツ競技として認めてられており、日本ではまだまだ認知が低いですが、これから発展していく新しいスポーツです。
秋の体験博2020 e-スポーツ

今回の体験博プログラムは最新のゲーミングPCや大画面モニターがそろう、エディオンなんば本店のeスポーツコーナーにて、大人気バトルロイヤルゲーム「フォートナイト」を使った「えびすばし筋カップ」を開催。「えびすばし筋カップ」の前の部では、eスポーツをしたことがないお子様に向けた「はじめてのeスポーツ体験」も開催されました。
どちらもオンラインゲームやバトルロイヤルゲームが初心者の方でも、安心して楽しめるようにレクチャー付きでの開催とあって、安心のプログラム構成になっています。

本格的なゲーミング機器を使って「フォートナイト」をプレイ

今回プレイする「フォートナイト」とは?

フォートナイトとは、様々な体験ができる世界です。島へ上陸して、最後まで生き残ったプレイヤーまたはチームを目指しましょう。フレンドとのんびりしてコンサートや映画を楽しむことも、自分のルールで自分だけの島を作り出すことも可能。モンスターの群れを相手に戦う「世界を救え」モードもあります。
出典:フォートナイト公式サイトより

秋の体験博2020 e-スポーツ

エディオンなんば本店のe-スポーツブースは、実際に試合会場にも使用される最新の設備がそろっており、ブース奥には55インチの9面マルチモニターが設置されています。
また、ブースにはゲーミングパソコンやヘッドフォン、ゲーミングチェアまでトータル30万円前後の本格的な機器がそろっていて、自宅でプレイする時とはひと味違う体験とあって、参加者のテンションもあがります。

一般的なパソコンとゲーミングパソコンの違い

多くのパソコンはメールやインターネット、書類作成など一般的な用途で使用することを前提に構成されているのに対して、ゲーミングパソコンはゲームをするために必要な性能をそなえたパソコンのことを指します。近年のゲームは3Dグラフィックスが使用されていて、実写のようなリアルな映像の美しさが魅力です。ゲーミングパソコンには、その映像を楽しみながら快適にプレイを楽しむために必要な高性能のグラフィックボードや、処理速度の速いCPUが搭載されているのが特徴です。

秋の体験博2020 e-スポーツ

今回参加されている方のなかには、常日頃から自宅で「フォートナイト」をプレイされている方が多くいましたが、Nintendo Switchなど家庭用ゲーム機を使っているそうで「本格的なゲーミングパソコンを使用してのプレイは初めてなので楽しみです」とのことでした。

新型コロナウイルス対策について

今秋の体験博は「ウイズコロナスタイル」ということで、参加者の皆さんに安心して参加いただけるよう、感染症対策をしっかりと講じた上で開催されました。

秋の体験博2020 e-スポーツ

参加者の方には、大阪コロナ追跡システムへの登録やアルコール消毒、検温にご協力いただきます。

秋の体験博2020 e-スポーツ 秋の体験博2020 e-スポーツ

プログラムの前後には、使用機器の消毒を徹底して行います。
会場スタッフは、マスクとフェイスシールドを着用し、飛沫を防ぎます。

はじめてのeスポーツ体験

体験博のコア期間の土日に開催された今回のプログラムは、午前中にeスポーツをしたことがないお子様に向けた「はじめてのeスポーツ体験」が開催されました。
まず、主催である戎橋筋商店街の菊地理事長からご挨拶があり、商店街の歴史や体験博の主旨、今回のプログラムについてあいさつがありました。

秋の体験博2020 e-スポーツ

いよいよ、プログラムスタート。エディオンなんば本店eスポーツブースを担当するスタッフがサポートに付き、基本的な操作方法や「フォートナイト」のルールを説明していきます。
今回は4人1組のスクワッド(チーム)を組み、フリーサーバーで世界中のプレイヤーとマッチングし、チームで協力してバトルロイヤルにチャレンジ、参戦する25組のなかで最後まで生き残ったチームが1位勝利です。

秋の体験博2020 e-スポーツ

基本的な操作やルールがわかったところで、チュートリアルを兼ねて実際にプレイしていきます。ゲーミング機器だけではなく、ブーススタッフがプレイ中の様子を実況してくれるのも、ここでしか体験できない嬉しいポイントです。

秋の体験博2020 e-スポーツ 秋の体験博2020 e-スポーツ

参加されるお子さんは初対面同士でしたが、ヘッドフォンを着用し「そこやばい」「いけいけ」など、お互いにコミュニケーションを取りながら協力してプレイしていきます。
最後には、25組中2位にまで登りつめるという快挙を達成し、参加者の皆さんも「すごく楽しかったです」と、優秀な結果に満足そうでした。

戎橋筋商店街とエディオンなんば本店からお土産を贈呈、記念撮影をして和やかな雰囲気で終了しました。

eスポーツ「えびすばしカップ」に挑戦!

「はじめてのeスポーツ体験」のあとは、「えびすばしカップに挑戦!」を開催。
こちらも4人1組のスクワッド(チーム)を組み、フリーサーバーで世界中のプレイヤーとマッチングし、チームで協力してバトルロイヤルにチャレンジ。参戦する25組のなかで最後まで生き残ったチームが1位勝利です。「えびすばしカップ」と銘打っているので、もちろん賞品つきです。

秋の体験博2020 e-スポーツ 秋の体験博2020 e-スポーツ

ゲーミングパソコンでのプレイがはじめての参加者も、エディオンなんば本店eスポーツブースを担当するスタッフがサポートに付いて基本的な操作方法を確認していきます。
確認ができたら、いよいよ「えびすばしカップ」の開始。

開催初日の1部目は、参加者はほぼ初対面でしたがこちらもお互いにコミュニケーションを取りながら、1戦目は22位、2戦目は14位と着実に順位をあげていきます。
ブーススタッフの実況で盛り上がる会場には、思わず立ち止まる見学者の姿も多く、フォートナイトの人気の高さが伺えます。

秋の体験博2020 e-スポーツ

最終戦の順位は3位入賞。
惜しく1位勝利を逃してしまいましたが、初めてのチームで上位入賞はすごいとのこと。最後は体験博ノベルティと賞品が手渡され、記念撮影をしました。

このあとプログラムは2部、3部と続き、各部で盛り上がりを見せました。
エディオンなんば本店では、プロチームを含め1位を獲得したチームがいなかったのですが、2部に参加した友人4人チームは、見事な連携プレイで1位を獲得。
2日間にわたって開催されたプログラムは盛況に終わりました。

施設詳細

名称/エディオンなんば本店
住所/大阪市中央区難波3丁目2-26
電話番号/06-6630-6733
営業時間
1階~6階/10:00~21:00
7階・8階/10:00~22:00
9階/11:00~23:00
定休日/年中無休
エディオンなんば公式ホームページ

まとめ

プロによるゲームプレイを、単なる遊びではなく「スポーツ」として位置付けるeスポーツは、国際的にその地位は急速に高まっています。
すでにその「競技人口」は1億人を超えるといわれ、賞金も、トップクラスの海外大会では億単位に達しています。

ゲームというとひとりで黙々とプレイするイメージがあるかもしれませんが、同じゲームであっても、プレイヤーが一人でゲーム内ミッションをクリアしていくRPG(ロールプレイングゲーム)やシミュレーションゲームとは異なるeスポーツ。
今回の体験博プログラムの様子からも、初対面でも年齢などの垣根がなくフラットにコミュニケーションが取れるeスポーツの魅力が見ていただけたのではないでしょうか。

エディオンなんば本店では、通常営業中も2Fのeスポーツブースにて実際にゲーミングパソコンを使用した「eスポーツ体験」ができますので、ご興味のある方はぜひお立ち寄りください。

あわせて読みたい:【秋の体験博2020レポート】ミナミ路地裏ランチツアー!なんばの名所を解説付きで巡ります
【秋の体験博2020】大寅・上質のすり身と秋の具材でつくる「オリジナル天ぷら」
【秋の体験博2020レポート】をぐら屋大阪戎橋筋×道頓堀今井のだし講座
【秋の体験博2020レポート】蓬莱本館直伝・小籠包づくりの秘伝、教えます。